スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

本能のままに愛を流しなさい

7月31日  本能のままに愛を流しなさい

あなたの内にある創造的で愛にあふれる思いは、あなたが自分で気づいているよりもずっと大きな力を持っています。
思考それ自体が力だからです。
だから否定的な思いはすべて捨て去りなさい。
いつも人生の明るい面に目を向けるのです。
たくさんのよろこびと愛の波動を出せば出すほど、自分のところにそれだけ多くのよろこびと愛を引きつけてきます。
まわりの人すべてを愛しなさい。
みんな必ずいつかは愛にこたえてくれるでしょう。
子供や動物は、愛に対しすぐにこたえてくれますが、それはもともと壊す必要のある壁などないからです。
その愛が流れてくるのを本能的に感じとり、誤った動機や意図があるのでは、などと疑うことはなく、ただ愛を受けいれ、それにこたえ、あふれるよろこびとともに愛を返すからなのです。
それに対し、大人はすぐに疑いの目を向け、何か隠された動機があるのではないかと想像してしまいます。
自分の内面にある動機が純粋なものかどうか疑いを持ったからといって、そのために心を閉ざすことがあってはなりません。
動機が純粋で本物であると信じるなら、愛がすべてそのままの強い力で流れるのに任せることで、すべての壁を壊してしまうことができるのです。
愛こそが人生の鍵を握っています。
あなたはその鍵を自分の内に持っているのです。


(アイリーン・キャディ著 “心の扉を開く”より)



今日(7月31日)のケイシーの珠玉のリーディングから


(問)私はどうすればもっと霊的になれますか?
(答)あなたが知っていることを実践することだ。

(Q) How can I be more spiritual?
(A) Applying that ye know.

(1469-1)





一度も怒りを覚えたことのない者は価値に乏しい。しかし、怒りを起こして、それを抑えることができない者は無価値です。

He that never is angry is worth little, but he that is angry and controlleth it not is worthless.

(1156-1)






スポンサーサイト
  1. 2012/07/31(火) 10:14:31|
  2. アイリーン 心の扉を開く
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

感謝すべきことはあふれています

7月30日  感謝すべきことはあふれています

すべてにいつも感謝をささげていなさい。
感謝すべきことはたくさんあります。
目を開いてまわりを見わたし、自分がどれだけ恵まれているかを知るのです。
そうしていると、あふれるような愛と感謝の気持ちでいっぱいになり、人生を生きることがまったく新しい意味合いを持つようになります。
まわりの人々がもっと大切に思えるでしょう。
心がみんなへの愛で満たされ、深い理解と寛大な気持ちを持つことができるからです。
そして、まわりの人々に感謝するようになります。
その愛に感謝し、そばにいてくれること、自分自身でいてくれることに感謝できるようになるのがわかるでしょう。
まわりにある美と調和へ、そして自然の神秘へとあなたの目は開かれていきます。
本当に見える目でものを見るようになります。
聞こえる耳で聞くようになります。
愛と思いやりのあふれる言葉で語るようになるのです。
そして、人生はすばらしいものになるでしょう。
それは、あなたが何ひとつ当たり前のことと受け流したりせず、すべてに感謝して、すべてにわたしの手がたずさわっているのが見えるようになったからなのです。


(アイリーン・キャディ著 “心の扉を開く”より)



今日(7月30日)のケイシーの珠玉のリーディングから


あなたは誰にそして何に信頼を置いているか、はっきり自覚しなさい。

Know then in WHOM as well as in what you put your trust.

(1431-1)





大望は--神の坩堝(るつぼ)で精錬されない限り--それ自体では罪である。それは、人は大望を持ってはいけないと言っているのではない。むしろ、神は私を導いてくださるに違いないといえるような大望を持つことだ。

Ambition - unless it is tested in God's crucible - is of itself sin.
Not that one should not be ambitious, no - but rather ambitious that God should be the guide and not self, or man.

(349-17)






  1. 2012/07/30(月) 10:22:05|
  2. アイリーン 心の扉を開く
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自分の役割を知りなさい

7月29日  自分の役割を知りなさい

わたしの輝かしい計画がひとつひとつ明らかになっていくと言うとき、あなたはそれがゆっくり起きていくもんと想い描くかもしれません。
愛する者よ、今やもうゆっくりと起きるものなど何もないのです。
すべての速度が上がっています。
それでも、やはりまだそれは花開いていくプロセスなのです。
すべては完璧なタイミングで訪れてくるからです。
そのスピードがこわいからといって、止めようとはしないで、自然に起きるままにしておきなさい。
わたしのタイミングは完璧なのです。
このことを受けいれてはどうでしょうか。
あらがうことをせず、だんだんとその姿が浮かびあがってくるこの計画に、完璧な自由とよろこびを見出しなさい。
これは本当にすばらしい計画で、あなたもその一部なのです。
あなた自身が演ずるべき役割があるのです。
それを見つけ、その役割をいま果たすことが大切です。
それを知らずに、さまよいつづけるのはよしなさい。
静けさに満ちた時間を持つとき、沈黙のなかで、あなたは自分の役割が何かを知ることでしょう。


(アイリーン・キャディ著 “心の扉を開く”より)



今日(7月29日)のケイシーの珠玉のリーディングから


どんな仕事にも発展の機会がたっぷりある!
それが靴磨きであろうと、法を執行することであろうと!
あなたが働いているところで創造的な力を発揮するなら、常に発展があります。

There is plenty of advancement in any work!
whether you are shining shoes or administering law, or what!
There's ALWAYS advancement if that in which ye labor materially is given the creative forces in thy activity with same.

(1688-6)




人類を同胞とする思想、神を父とする思想の上に、民主主義であれ、いかなる名前も置いてはならない!

Raise not democracy nor any other name above the brotherhood of man, the Fatherhood of God!

(3976-24)






  1. 2012/07/29(日) 11:33:50|
  2. アイリーン 心の扉を開く
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

人生を祈りにして下さい

7月28日  人生を祈りにして下さい

やむことなく祈り続けなさい。
人生をつねに愛と感謝の祈りにするのです。
人生は本当にすばらしいものですが、それはあなた自身がつくり出していくのだということをいつも忘れずに。
否定的でいるならば、それは悪いものを引き寄せてくるし、人生に暗雲が立ちこめ、至高なるものとは分断されてしまいます。
いつも肯定的で、あらゆるもの、すべての人に良い面を見るならば、まわりにも、自分の内面にも青空が広がり、太陽がさんさんと降り注ぐことでしょう。
人生を、愛と信ずる心、希望と満たされた気持ちであふれさせるのです。
人生を愛することを学びなさい。
そうすれば、人生はつねに祈りとなり、あなたはまさにやむことなく祈り続けるようになるからです。
創世の時のように、わたしとあなたがともに歩き、語るならば、祈りによってわたしとあなたの霊(たましい)はひとつになるのです。
祈りは霊の食物であり、魂の滋養です。
すべての人間一人ひとりが、内面奥深くで必要としているものなのです。
この内面の必要性を感じ、それに応えなければなりません。


(アイリーン・キャディ著 “心の扉を開く”より)



今日(7月28日)のケイシーの珠玉のリーディングから


あなた方は肉体的な意識の中で、一度に一日しか約束されていない。それを生かしなさい。それを乱用してはならない。

For ye are not promised more than one day in the physical consciousness at a time.
Use it - don't abuse it!

(5392-1)




どんな人でも、一人の友を失うことを埋め合わせられるほど多くの友を持つことはできない。

No soul may have so many friends that it can afford to lose a single one.

(1709-3)






  1. 2012/07/28(土) 10:38:07|
  2. アイリーン 心の扉を開く
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

人生は単純です

7月27日  人生は単純です

学ぶべきことを学ぶのを拒むなら、そのレッスンは別の角度からあらためて繰り返されるでしょう。
簡単に学ぶこともできるのに、それを受けいれるのを拒むと、さらに困難でややこしいやり方でそれが繰り返されるのです。
どうせ学ぶなら、簡単なほうを選んだらどうでしょうか。
小さな子供のように、人生で起きることすべてを吸収し、耳を傾けようという気持ちで自分を満たし、ごく自然にその流れとともに花開いていってはどうでしょうか。
それがあなたのためにわたしが用意した計画なのですから、必要もないのになぜわざわざ難しくしてしまう必要があるのでしょう?
それは先に進むのをただ遅らせるだけのことです。
何よりもまずわたしを第一に考えるようになるにつれて、すべては完璧に収まるべき場所に収まることがわかっていくでしょう。
意識を高め、それを霊的な領域に保ち、本当に大切なものへと向けていれば、何の努力もなしに人生に大きな変化が訪れてくることでしょう。
人生はきわめて単純なのです。
なぜわざわざややこしくする必要があるのですか?


(アイリーン・キャディ著 “心の扉を開く”より)



今日(7月27日)のケイシーの珠玉のリーディングから


一つ一つの活動が、神の栄光と、あなた自身の良心の誉れとなるような生き方をしなさい!

So live, then, that each activity is to the GLORY of God and to the HONOR of thy conscience!

(263-18)




ゴシップ(うわさ話)に口を閉ざしなさい。それよりも、立場が逆転していたなら、自分がどのように言われたいか、しばしば考えなさい。

Hold thy tongue from gossip, then, oft, and think what you would like to have said about thee if circumstances were reversed.

(2798-1)





  1. 2012/07/27(金) 10:32:37|
  2. アイリーン 心の扉を開く
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

内なる神性にもっと気づきなさい

7月26日  内なる神性にもっと気づきなさい

わたしはあなたの内に在ります。
ある人には在り、ある人にはないということはありません。
わたしの存在に気づいているかどうかの差でしかないのです。
ある人たちは他の人よりも自分の内にある神性に気づいていて、それを力の源泉として生きることができます。
そのために、何か超自然的なことをして生きているように見えるのです。
別に超自然的なことは何もありません。
ただ単にわたしの法にしたがって生き、一人ひとりの内ある力をあるべき姿で使っているだけのことです。
空気は呼吸するためにありますが、それを呼吸するかどうかはあなた次第なのです。
電気も使うために存在しますが、まずそれを動力として取り出してから、スイッチを入れて使わなければどうしようもありません。
さもないと、電気があって、解き放たれるのを待っているのに、その力を見せることができないままになってしまいます。
あなたの内面にある霊的な力も同じことです。
使うためにあるものなのに、コンセントに差し込み、スイッチを入れなければ、それはただそこにあるだけで終わってしまうのです。


(アイリーン・キャディ著 “心の扉を開く”より)



今日(7月26日)のケイシーの珠玉のリーディングから


機会は、神からの感謝の表れです。機会を大切にしなさい--自分のためではなく、神の栄光のために。

Opportunities are expressions of appreciation from thy Maker.
Embrace them, - not for self but for the glory of thy Maker.

(2051-5)




悲しみの時ですら、喜びを見出しなさい。苦しみと共にやって来る楽しさを見出しなさい。

Then see the joy, even in sorrow.
See the pleasure that may even come with pain.

(3440-2)









  1. 2012/07/26(木) 10:29:15|
  2. アイリーン 心の扉を開く
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今こそが、その時なのです

7月25日  今こそが、その時なのです

今こそが建設の時であり、創造、連帯と調和の時、平和と愛の時、あなたが全き存在となり、すべてとひとつになる時なのです。
このようなプラス思考、建設的で創造的な思考をつねに意識の中に保ち、けっしてそれを手放してはいけません。
自分の中でそれが生命(いのち)を持ち、動きまわり、存在感を持つのを感じ、新しい天地のビジョンが形成され実現していくのを目のあたりにするのです。
内面でそれが花開くままに任せなさい。
新しい時代(ニューエイジ)の概念、そしてその本当に意味するものと波調が合ってくるにつれ、それは花開きはじめ、自分がその時代の一部であること、逆にそれも自分の一部であることに気づくでしょう。
それは、ちょうど目覚めの時を待っている眠れる巨人のように、何かとてつもないものであり、いったん動きはじめると、もうその実現を止めることはできないのです。
そこに対立はありません。
もう闘う必要はないのです。
ただわたしを待つことを学び、わたしの完璧な計画が目前に展開されるままに任せなさい。


(アイリーン・キャディ著 “心の扉を開く”より)



今日(7月25日)のケイシーの珠玉のリーディングから


あなたの理想を知り、その理想にかなった生き方をしなさい。なぜなら、すべての人は自分自身について釈明しなければならないからです。

(Q) What has been my past association with my father that has brought about the antagonistic attitude toward one another?
Just how should I meet this situation for our best mutual development?
(A) Know thy ideal, and live to that.
For, each soul must give account for its own self.
In the Palestine experiences were first brought about those antagonisms, by the association as the companion.
Then in the experience before this, the entity who is now the father belittled thy efforts as the companion of Jackson - which ye undertook just after his demise.
Hence we find two conflicting forces; one a questioning of a nature, the other the belittling of the type of efforts.
But, so live that ye may look everyone in the face and tell him to go to hell!

(2803-2)





求める世界に向けて光は大いに輝かなければならない。あなたはその道を照らす者となりなさい。

For a light must shine OUT to the seeking world, and THOU may light the way.

(705-1)








  1. 2012/07/25(水) 23:55:55|
  2. アイリーン 心の扉を開く
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

やすらぎと静けさの気持ちをもちなさい

7月24日  やすらぎと静けさの気持ちをもちなさい

人生を生きるとき、深いやすらぎの気持ちを持ってごらんなさい。
そうすると、どれだけ多くをやり遂げられるかに驚くことでしょう。
静けさに包まれ、自信を持っているときのほうが、心乱れた状態よりもはるかにたくさんのことができるのです。
向かっていることに集中できないというのは、気持ちを半分しか入れずにそれをしているということであり、自分の最大限の力を発揮していないということです。
人生を本当に楽しむには、すべてに正しい態度で向かうことがどんなに大切か、あなたはよくわかっていると思います。
あなたには、生きることを楽しみ、最高のものを見つけてほしいのです。
自分がどこに向かっているのか、何をしているのかがわかっていれば、優柔不断でいて時間をむだにすることはありません。
ただとにかくやるだけのことです。
自分に何が求められているのか、立ち止まって、わたしから直接訊き出してみて下さい。
やすらぎと静けさがないとこれはできません。
そのための時間を見つけなさい。
これは本当に大切な鍵なのです。


(アイリーン・キャディ著 “心の扉を開く”より)



今日(7月24日)のケイシーの珠玉のリーディングから


この人生を--今ここにおいて--価値あるものとするよう、互いにそのように生き、そのように行いなさい。

Then, so live, so act, one toward the other, as to make this experience - here and now - worth while!

(263-18)





利己的な動機が増せば、かえって沢山のものを失います。

Much may be lost through aggrandizement of selfish motives.

(165-2)







  1. 2012/07/24(火) 11:06:57|
  2. アイリーン 心の扉を開く
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

内面にあるものは隠せません

7月23日  内面にあるものは隠せません

目を覚ましなさい。
そして生きるのです。
すばらしいものにあふれた輝かしい人生を生きなさい。
それがあなたが受け継ぐべき人間の真の姿です。
何も恐れてはいけません。
あなたの内には、すべての叡智、力、強み、そして理解がすでにあります。
内面の奥深くにある美しい庭園に、疑いや恐れ、それに心のゆらぎなどの雑草がはびこり、そこを埋めてしまうことのないように、しっかりと草取りをして、最高のことが真に自由に、完璧なかたちで育まれるようにしなさい。
内にあるものが外にも映し出されるように、それを解き放ってあげるのです。
どんなに一生懸命に努力しても、内にあるものを隠すことはできません。
内面に無秩序と混乱があれば、あなたの姿、行動や、すること、まわりにあることを通して、それは外の世界へと映し出されてきてしまうものなのです。
どんなに一生懸命になっても、内面にあるものを隠すことはできません。
思考が最高の質のものであるならば、美と完璧さが外側へと反映されます。
あなたは、ちょうど磨き抜かれた鏡のようなものなのです。
何も隠しておくことはできません。


(アイリーン・キャディ著 “心の扉を開く”より)



今日(7月23日)のケイシーの珠玉のリーディングから


あなたが主を信頼しさえするならば、主が溢れるほど豊かに与えて下さいます。

He is the ABUNDANT supply - if ye but put thy trust in Him.

(922-1)




人はまったく何もしないよりも、積極的に動いて間違う方が遙かに良い

One had best be active and in error than not doing anything at all.

(262-126)







  1. 2012/07/23(月) 07:49:10|
  2. アイリーン 心の扉を開く
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

限界はありません

7月22日  限界はありません

わたしのものはすべてあなたのものです。
この言葉の神秘を考えてみなさい。
そして自分の意識を広げ、この言葉を受けいれて、その真の意味を知るのです。
まず、それがあなたの人生で現実となるのを見て、限界があるなどどいうことは、もう二度と思わないことです。
わたしの約束は、すべて現実となってもたらされるからです。
むなしい空(から)約束ではないのです。
ただ信ずる心だけを持ち続けなさい。
揺らぐことがあってはなりません。
わたしを待つ者たち、完璧に信ずる心と信頼をわたしにささげる者たちには、すべてがむこうからやって来ます。
つぎからつぎへと神秘が目の前に展開されるのを目の当たりにしなさい。
大きなことばかりではなく、人生のほんのささいなことにも、やはり神秘が隠されていることに気がつくのです。
目をしっかりと開いて、何ひとつ見逃さないようにしなさい。
心を開いて愛をあふれ出させるのです。
愛は愛を引き寄せてきます。
誰でも愛されたがっているのですから、その愛を与えてあげたらどうでしょう?
与えれば、受けとることができます。
何の条件もなしに与えることを学び、人生を思いっきり楽しむのです。


(アイリーン・キャディ著 “心の扉を開く”より)



今日(7月22日)のケイシーの珠玉のリーディングから


覚えておきなさい。主にあってはあらゆることが実現可能だということを。

Know that ALL things may be accomplished in Him.

(3183-1)




家庭をぜひあなたの本業にしなさい。なぜなら、これこそすべての人が地上で為すことのできる最大の仕事であるからです。

Do make the home the career, for this is the greater career any soul may make in the earth.

(5070-1)






  1. 2012/07/22(日) 11:33:33|
  2. アイリーン 心の扉を開く
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

わたしにまかせて下さい

7月21日  わたしにまかせて下さい

なぜわざわざ誰か他の人に啓示を求めるのですか?
直接わたしのところに来たらどうでしょうか。
わたしはあなたの内に在ることを知らないのですか?
すべての問いに答え、すべての問題を解決する手助けをし、あなたさえそうさせてくれれば、一歩一歩道を示して案内できるわたしがここにいることを知らないのですか?
わたしは自分の存在を受けいれるよう強いることは誰にもしません。
あなた自身がわたしを探し求めることを選び、わたしを見つけなくてはならないのです。
そうすれば、わたしがあなたに愛を注ぎ、あなたを通して愛をあふれさせて、行くべき道を示してあげましょう。
この選択をして、わたしに舵を任せてくれれば、あなたはこだわることなく、素直にわたしからの指示にひとつひとつ従っていけるようになるのです。
わたしの手になる神秘や輝きに満ちた出来事が起こり、つぎからつぎへと奇跡が起こるのを見ることでしょう。
正しきこと、わたしの祝福を受けていることならば、何ものにも、誰にも邪魔をすることはできないのがわかるでしょう。
なぜなら、それは正しい時に、完璧な形で起きているからです。


(アイリーン・キャディ著 “心の扉を開く”より)




  1. 2012/07/21(土) 11:20:40|
  2. アイリーン 心の扉を開く
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

奇跡を当然のものと考えなさい

7月20日  奇跡を当然のものと考えなさい

最高のことしか起きないこと、そしてあらゆる必要は満たされるということを当然と思いなさい。
まったく不可能に思えることでもです。
あまり多くを期待するべきではないなどと、自分を限定するようなことはけっして思ってはいけません。
自分の必要とすることをはっきりと思い描き、口に出して言い、そしてそれが満たされることを、自信をもって100パーセント信ずるのです。
それがどうやってもたらされるかは、わたしに任せなさい。
さまざまな回路を通してそれをもたらすようにしなければなりませんが、わたしにはすべてが可能なのです。
だから、無理をしてしがみつかずにわたしにゆだね、神秘に満ちた輝かしい神の行いを目にして下さい。
そして永遠の感謝をささげ、いつの時もすべてを全体のために行なうようにしなさい。
あなたは人間界の法で生きているのではなく、神なる存在の法則にしたがって生きているのです。
だからこそ、いつ何が起こってもおかしくないのです。
奇跡を当然のものと考え、奇跡が起きるのを目の当たりにしなさい。
繁栄と豊饒をつねに自分の目の前に想い描き、それが実現する力を動かしはじめるのだ、と知るのです。
良い方向に思いを向ければ向けるほど、それは早く実現することでしょう。


(アイリーン・キャディ著 “心の扉を開く”より)



今日(7月20日)のケイシーの珠玉のリーディングから


神は存在する。そして、なによりも神に、あなたはあらゆる恩義を負っている。

God is, and to Him first you owe all allegiance.

(5104-2)




霊的な事柄を最重要なものとし、またその人の目的が正しい方向にあるならば、現実の出来事はいずれ正しく整ってくる。物質的な出来事は、時には混乱し、全く逆のように見えることがあるかもしれないが、神の法則は完全である。

Remember, if the spiritual is put first and foremost, if the purpose of an individual is in the RIGHT direction, the MATERIAL happenings will eventually come right.
These may at times appear confusing and as being contradictory, but the law of the Lord is PERFECT.

(2751-1)





  1. 2012/07/20(金) 07:24:22|
  2. アイリーン 心の扉を開く
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

人がまねたがるような模範となりなさい

7月19日  人がまねたがるような模範となりなさい

新しい天界と地上界についてただ語っているだけではいけません。
それを自分の人生にもたらし、現実にするのはあなたなのです。
愛、そして愛することについて、ただ語ることはやめなさい。
自分でそれを体現し、皆にその意味がわかるようにするのです。
行動の伴わない言葉は、無意味で何の役にも立ちません。
それはまるですぐ消え去ってしまう蒸気のようなものです。
あなたの役目とは、自分の生きざまを通して、わたしの王国をこの地上にもたらすことであり、誰もがあなたをまねたいと思うようなよろこびに満ちた模範になることなのです。
肩の荷が重すぎて、よろこびもなく、自然な振る舞いもできないような人生をおくりたい人などいません。
重荷を感じて、人生の輝きを失った人たちによろこびをもたらす人こそ、祝福されるべき存在なのです。
すべての重荷はわたしに任せて、自分が出会う人すべてによろこびと自由をもたらしてあげなさい。
自分がよろこびとひらめきそのものとなり、言うこと、すること、思うことすべてにわたしの姿を映し出すのです。
完璧なやすらぎのなかで、わたしの意志を実行し、わたしの道を歩み、そしてわたしを讃えながら生きていきなさい。


(アイリーン・キャディ著 “心の扉を開く”より)



今日(7月19日)のケイシーの珠玉のリーディングから


あなたの目から見て、他の人々にとって喜ばしいだけでなく、神との関係に照らして、あなたの良心にとって喜ばしいことを行いなさい。

Do that which is not only pleasing in thy sight to others but that which is pleasing to thy conscience in thy relationships to thy Maker.

(2082-1)




この世の中に、あなたの友人の内に、隣人の内に、美しさを見出しなさい。あなたを悪し様に言う人々の内にすら美しさを見出しなさい。

See the beauty in the earth, in thy friend, in thy neighbor; yea, even in those that would speak evil of thee.

(397-2)




  1. 2012/07/19(木) 15:02:47|
  2. アイリーン 心の扉を開く
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自分の道を見つけなさい

7月18日  自分の道を見つけなさい

自分の足で立つことを学び、全体の計画の中での自分の役割へと続く道を見つけなくてはなりません。
すべての生命と創造物の源であるわたしからだけ力を得るようにすれば、道を誤ることはありません。
困難な状況になっても、けっして心が揺れるのを許さないことです。
今は険しいところを通っているだけであることを知り、とにかく前に進み続けなさい。
そういう場所を通るときは、抗うことをせず、反感も持たないで、できるだけ素早く通り過ぎるほうがいいのです。
そして、一歩進むごとに、学ぶべきことを習得しながら進みなさい。
たやすく諦めてしまわないで、しんぼう強く、不断の努力を続けることを学ばなければなりません。
自分の目の前にビジョンを持つのです。
自分が向かっていくべき場所がどこか、そのためには何をしなければいけないかを知り、そしてそれが実現するまでけっして手を離してはいけません。
この人生では、気弱でいることはできないのです。
それには、何ものにも壊すことはできず、バランスを崩すこともできない、あの内面の強さが求められます。
そして、内面で知るということが必要です。
強さと安心を、わたしに求めるのです。


(アイリーン・キャディ著 “心の扉を開く”より)



今日(7月18日)のケイシーの珠玉のリーディングから


あなたの知っていることを、あたかも主があなたに命じられたかのように、あなたの理解しているところに従って、今日行いなさい!

Do that thou knowest to do TODAY, as He would have thee do it, IN THINE UNDERSTANDING!

(262-89)





人が経験で得てきたものをどのように活用するかということが、その人を成長させもすれば、退歩させるものにもなるのです。

As to the manner in which an individual uses that it gains through any experience, makes for the development or retardment of an entity.

(276-3)







  1. 2012/07/18(水) 10:29:52|
  2. アイリーン 心の扉を開く
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

一番助けてくれるのは誰?

今日(7月16日)のケイシーの珠玉のリーディングから


(問)私の仕事と日常生活を一番助けてくれるのは誰ですか?
(答)神です!

(Q) Who will aid me most in my work and daily life?
(A) God!

(2444-1)




自分を役立てられるような立場に、状態に自分自身を置くならば、それこそが、将来の収入、物質的な成功、物質的・社会的活動に関して自分を保証していることになります。

When the body sets self in those capacities, in those conditions wherein the body may serve, he will be setting himself or insuring himself respecting his future income, his future material success, his future material and social activities.

(877-2)




  1. 2012/07/16(月) 10:50:06|
  2. エドガー・ケイシー珠玉のリーディング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

導いているわたしに気づいて下さい

7月15日  導いているわたしに気づいて下さい

わたしの天界を地上にもたらすのに貢献できるようになるのは、自分を導いているのがわたしであることにあなたが気づくときです。
すべての道案内の指示は、あなたの内面奥深くにありますから、途中で迷ったり、間違った道を行ってしまうことはあり得ません。
内面を探し求め、この指示に従いなさい。
そして、驚くべきことがつぎからつぎへと起こるのを目の当たりにするのです。
わたしが案内し、指示を与えているのですから、退屈な時などありません。
いつの時もわたしを探し求め、見つけなさい。
遠くまで見る必要はありません。
わたしはあなたたちの中に在ります。
でも、わたしのことは意識していなければならないのです。
あなたが生き、行動し、そしてわたしの中に自分の存在を置くとき、あなたは新しい天界と新しい地上の世界を創り出しているのです。
創造に力みはありません。
わたしが、「光あれ」と言えば、光が存在しました。
そしていま、わたしはこう言います。
「わが新しき天界と地上界を見よ」。
あなたはそれを目の当たりにし、完璧な愛と平和と調和をもって、その中に生きるのです。


(アイリーン・キャディ著 “心の扉を開く”より)



今日(7月15日)のケイシーの珠玉のリーディングから


神に対する全き信頼を保ちなさい。

Keep that whole trust in Him.

(1151-24)




最大のものを成し遂げる者は、何か壮大なことを成し遂げようと目論む者ではありません。日々、分に応じて与えられる機会と特権を果たす者がそうなるのです!

It isn't the individual that plans for some great deed to be accomplished that accomplishes the most.
It is the one that meets those opportunities and privileges which are accorded it day by day!

(1152-9)






  1. 2012/07/15(日) 11:58:40|
  2. アイリーン 心の扉を開く
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

すべては最良の方向に進んでいます

7月11日  すべては最良の方向に進んでいます

生きるということは、あなたにとって何を意味しているでしょうか?
人生を100パーセント楽しんでいますか?
最高のものしか起こり得ないと思っていますか?
生命は無限であり、始まりも終わりもないということを受けいれていますか?
この事実を知ってあなたはわくわくし、高揚するでしょうか。
それとも、恐ろしくなり、気分が沈んでしまいますか?
生きることに対する見方が、今いちばん大切です。
なぜなら、今はたくさんの驚くべきことが花開いていて、まわりに起きているすべてとともに流れに乗り、逆らおうとしないようにしなければならないからです。
いま、時代はすべてが花開く時で、争いや闘いの時ではありません。
だからこそ、心を静め、真に完璧なかたちで驚くべきことが次々と起こるのをしっかりと見つめて、永遠の感謝の気持ちをささげるのです。
生きていることに感謝し、自分がいま起きていることの一部であることに感謝しなさい。
スピードの速い変化にも感謝し、その変化とともに自分も変わっていきなさい。
すべては、最良の方向に進んでいます。
だからこわがらず、よろこびをもって前に進むのです。
自分が変化という大きなプロセスの一部であること、全体の一部であること、そしてそこから生まれる新しいものの一部であることを感じとるのです。


(アイリーン・キャディ著 “心の扉を開く”より)



今日(7月11日)のケイシーの珠玉のリーディングから


あなたは神としばしば語らい歩んでいますか?
それはあなたの特権なのです。さて、あなたは何としますか?

Hast thou walked and talked with Him oft?
It is thy privilege. Will ye? 

(3051-7)



知識に、英知に、理解に至る道に近道はありません--すべての魂はこれらを生き、経験しなければなりません。

For there are no short cuts to knowledge, to wisdom, to understanding - these must be lived, must be experienced by each and every soul. 

(830-2)






  1. 2012/07/11(水) 10:22:02|
  2. アイリーン 心の扉を開く
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフェッショナル

昨夜放送のNHK“プロフェッショナル 仕事の流儀”では、転職エージェント(リクルートのようでした。)の森本千賀子さん、とおっしゃる女性の方が紹介されていたのですが、その彼女が最後に語る“プロフェッショナルとは・・・”という問いに対する彼女の答えが、あまりにも私が日頃からそうよね~って思っていることだったので、大興奮!!
(彼女の画像をクリックすると、動画で見ることができます。)


無限の可能性を信じて、進化し続けること、チャレンジし続けること。
それが出来る人かなと思います。
あと揺るぎない信念を持って、志をかたちに変えていく人かなと思います。



“無限の可能性”とか、“揺るぎない信念”とか、それこそ私がそう信じている、良く使う大好きな言葉も出てきて、わぁ~!!って何だかとっても嬉しくなりました

本当にその通り!!

何も特別なすごいことをしていなくても、ある意味私たち一人一人が、それぞれに自分の人生の居場所に置いて、プロフェッショナルなのだろうと、またそうでありたいと、私は思います

それぞれの人生に乾杯!



  1. 2012/07/10(火) 12:04:30|
  2. のりこのつぶやき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

はじめにわたしとの一体感を感じなさい

7月8日  はじめにわたしとの一体感を感じなさい

一日のはじめに、まずわたしとの一体感を感じ、その日を正しく始めなさい。
そうすれば、一日中何が起きようとバランスを失うことはないでしょう。
霊的な生き方を始めた当初は、意識して波長を整える必要がありますが、次第にそれが自分の一部となり、あえて努力をする必要もなくなって、その生き方が自分そのものになってきます。
そうすれば、あなたは大きなよろこびと自由を発見することでしょう。
間違いを恐れ、何か違ったことをして流れに逆らってしまうのを心配して、許しを乞う祈りをすることはもうなくなります。
間違いをおかしたら、すぐに許しを受けいれ、同じ誤りをけっして繰り返さないよう決意するのです。
振り返ることなく前に歩みなさい。
このような生き方が、肩肘張った努力の結果ではなくなり、本当のよろこびとなって、わたしと一体となり、完璧なやすらぎを得た状態を知るまで進み続けるのです。


(アイリーン・キャディ著 “心の扉を開く”より)



  1. 2012/07/08(日) 10:45:16|
  2. アイリーン 心の扉を開く
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

何と励まされることか!

今日のアイリーンの言葉、何と力強く、励まされることでしょう!!

信じることの、強さ、重要さ、素晴らしさ、そして相反するところのその難しさが、ビンビン伝わってきます。。。

これでいいのかな?
今、私がやっていることで。
進んでいる道で。

信じるしかないですね。


一点の疑いもなしに知っているということ。

その強さを持ちたいです。

信じて進みます。

時々不安になるけれど。。。

でも、きっと大丈夫なはず

だって、常にあなたがこの私と共にいてくださるのですものね。


私は、この私の中にある“あなた”を信じます。







  1. 2012/07/06(金) 11:40:46|
  2. のりこのつぶやき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

わたしを信じてください

7月6日  わたしを信じてください

わたしを完璧に信じ、信頼しなさい。
わたしがあなたの期待に背くことも、あなたを見捨てることもけっしてないのを知りなさい。
あなたが取り組むことに不可能はありません。
わたしとならすべてが可能だからです。
信ずる心をもって生きなさい。
そして、どんなにおかしな状況と思えても、そこから良い結果が生まれるのを見てほしいのです。
信ずる心と信頼を、繰り返し試してみてください。
信心と信頼が本当にあるのかどうか試してもいないのに、ただそれについて語るだけで何になるというのですか?
完璧に信ずる心を持って一歩を踏み出し、不可能に思えることをやることはできますか?
それもただ勇壮なところを見せるためではなく、その信心がどこからきているのか、一点の疑いもなしに知っているからするのです。
自分の信心を試し、それが揺るぎないものであることがわかるまで、信心について語ってはなりません。
わたしから、強さと力を引き出しなさい。
わたしがあなたとともにあるとき、誰があなたの邪魔をすることができるでしょうか。


(アイリーン・キャディ著 “心の扉を開く”より)



今日(7月6日)のケイシーの珠玉のリーディングから


すべての人は、まず第一に、自分の理想が何であるかを自己の内に探し求め、それをはっきり自覚する必要があります。

Each entity seeks, and should know first within self, what is its ideal.

(2205-2)



仕事ばかりでまったく遊びがないのは、遊んでばかりでまったく仕事しないのと同じくらいよろしくない。

All work and no play is as bad as all play with no work.

(2597-2)






  1. 2012/07/06(金) 11:09:31|
  2. アイリーン 心の扉を開く
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

7/7 七夕の夜のハープによる誘導瞑想♪

七夕の夜、自分のソウルメイトに想いを馳せ、繋がりを感じてみませんか?

ソウルメイトとは、ロマンティックで何か特別な男女の間の関係性だけでなく、人生を進んでいく中で出逢いすれ違う、様々な人間関係の中にも見出される、今世の肉体の存在を超えた、魂同士の深い結びつきのことなのではないでしょうか?

今世また出逢い、その時空間を共有することで、お互いの魂の成長や霊的進化のために学び合う仲間、“魂の友”。

さぁ、天界の音色、優しくどこか懐かしいアイリッシュハープの澄んだ調べに包まれて、ヒプノセラピストによる誘導瞑想で、心も身体もリラックス、そんな至福のひと時を体験してみませんか?

七夕の夜、この壮大な宇宙の流れの中で、ご自分の魂の友に想いを馳せ、その素晴らしい結びつきを感じてみましょう!

日常の喧騒からちょっぴり離れ、時空を越えた感動の旅をご一緒に・・・



★ 日時: 7月7日(土)19:00~20:30  ソウルメイトを探して☆

★ 場所: サロン・ド・クライス (五反田駅徒歩3分)

★ 参加費:2,000円


お待ちしております



  1. 2012/07/05(木) 10:32:57|
  2. 瞑想会のお知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

必要はすべて満たされます

7月5日  必要はすべて満たされます

豊かである、ということに対する思い如何で、必要はすべて満たされるか否かが決まります。
欠乏や貧困のことを思ったり、恐れや心配、劣等感、あるいは強欲、利己的な考えや不安などが意識に入るのを許し、このような良くない状態でいつまでも思いわずらっていると、最悪のものを自分のところに引き寄せてきてしまうのです。
自分を貧民と思えば、実際にそうなります。
思考や見方を変えれば自分のものになるはずのすばらしいものすべてを、自分から奪ってしまうからです。
たった今、この瞬間から、繁栄のことを思いはじめなさい。
必要なものがすべてすばらしいかたちで満たされていくのを想い描くのです。
自分には何かが足りないと見ることは断固として拒みなさい。
もし欠乏があるとすれば、それはあなたの意識に存在するものだからです。
わたしの無限の豊饒の流れを、なぜあなたの限定され、制限された意識で妨げるのですか?
すべてのものが本当はどこからくるのかを理解しなさい。
その事実を受けいれて、良いもの、完璧なるものの贈り手であるわたしに対し、よろこびとともにあふれる感謝をささげるとき、あなたに欠けるものは、絶対に、何ひとつなくなるはずです。


(アイリーン・キャディ著 “心の扉を開く”より)



今日(7月5日)のケイシーの珠玉のリーディングから


知識や理解とは、あなたがいま手に持っているものを使うことです。

Knowledge, understanding, is using, then, that thou hast in hand.

(262-89)



あなたはどれだけ人を許す心を持っているだろうか?それに答えたならば、あなたは自分がどれだけ許されてきたかを知ることになる。

Then how forgiving art thou?
Answer this, and ye will know just how ye have been forgiven.

(3376-2)





  1. 2012/07/05(木) 07:11:16|
  2. アイリーン 心の扉を開く
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

強く望めば満たされます

7月4日  強く望めば満たされます

「正しきことに飢え、それを求める者に祝福あれ。その願いは満たされるであろう」。
強く望むならば、その望みは満たされていきます。
答えを求めて求めて求め続け、それが見つかるまであなたは満足できないからです。
あなたには、決意と忍耐、頑張りと努力があり、この霊(たましい)の探求の道で探しているものが見つかるまで、あらゆることを試すでしょう。
あなたが探し求めているのは、わたしとひとつになることです。
けっして、たどりつけない虹を追いかけているなどと感じて失望してはいけません。
途中で気を失ったり、絶望してあきらめたりしないかぎり、最後には必ず探しているものが見つかることをただ知っていればいいのです。
この目標のためには、どんな障害も克服していく価値がある、だから何とか解決する方法を必ず見つけるのだという決意を持ち、克服できないとか不可能だなどとけっして考えてはなりません。
自分を強くして、勇気を持ち、とにかく歩み続けることです。
そうすれば、必ずそこに到達することができます。


(アイリーン・キャディ著 “心の扉を開く”より)



今日(7月4日)のケイシーの珠玉のリーディングから


人生をもっと価値あるものにするような何かを、他の人々の人生の中に作り出すことをあなた自身の楽しみとしなさい。

Make self interested in something that will make in the lives of some individual, or individuals, that that makes life more worth while. 

(2096-1)



  1. 2012/07/04(水) 10:54:59|
  2. アイリーン 心の扉を開く
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自分だけの音を見つけなさい

7月3日  自分だけの音を見つけなさい

波長を合わせ、自分の音を見つけたら、それを高らかに歌い上げましょう。
あなたは生命という壮大なオーケストラの一員です。
あなたにはあなただけの役割があります。
だから人の役割を演じようとしてはいけません。
自分の役割を探し求め、それからはずれないようにすることです。
自分の役目さえわかれば、すべてはとてもうまくいくようになります。
他人の音を出そうとすると、全体の調和がとれなくなってしまうのです。
人のようになろうとしたり、人のしていることをやろうとしてはいけません。
あなたたちには、さやの中の豆のようにみんな同じになってほしくはないのです。
それぞれが独自の資質や才能を持つ違った存在でいてくれることが必要です。
同じ楽器しかないオーケストラは、実につまらないものとなってしまうでしょう。
音がまじり合い、完璧なハーモニーを奏でる楽器が多いほど、そこから生まれる音も豊かですばらしいものとなるのです。


(アイリーン・キャディ著 “心の扉を開く”より)



  1. 2012/07/03(火) 10:30:41|
  2. アイリーン 心の扉を開く
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

まず試してみなさい

7月2日  まず試してみなさい

試してみなければ何も証明することはできません。
信じず心を持って一歩を踏み出し、不可能と思えることをやってみなければならないのです。
自分を越え、自分の限界を超えて生きることを、あなたは学ばなくてはなりません。
そうすることで、わたしとともにあれば、あらゆることが可能なのをあなたは証明できるのです。
自己という、限られた世界の中だけに生き、人生を試してみるのを怖がっていては、何の展開もあり得ないし、すべてに隠されたわたしの手の存在にも気づくことはないでしょう。
何も恐れてはいけません。
わたしがつねにあなたとともに在ること、一歩一歩あなたを導き、方向を示していることをただ知っていればいいのです。
わたしを真に愛し、すべてにおいてわたしを第一に考える人たちにとっては、すべてがうまくいくのだということを世界に示してあげてはどうでしょうか。
奇跡がつぎつぎと起きるのを予期して、それが実現するのを目にしましょう。
霊的な人生を生きて、それを実践していくことを学び、新しい天界と地上界が現れるのを目の当たりにするのです。
不思議なことがつぎつぎと起こるのを見てください。
それは、あなたがいきいきとして、すべてを実践して生きているからにほかならないのです。


(アイリーン・キャディ著 “心の扉を開く”より)



  1. 2012/07/02(月) 11:11:11|
  2. アイリーン 心の扉を開く
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

この瞬間を100パーセント生きなさい

J U L Y

大きなテーブルいっぱいに散らばったジグソーパズルを見せられた。パズルが集められ、出来上がっていくのを見つめながら、そのひとつひとつに、ぴったり収まる完璧な場所があることがわかった。そして、こういう言葉を聞いた。
  
あなたが自分にとって正しい場所にあり、自分の役割を果たしていれば、対立はあり得ません。わたしの計画は、真に完璧な形で花開いていくのです。



7月1日  この瞬間を100パーセント生きなさい

生きることに歓喜し、終わりなき感謝を表しなさい。
自分の生命が永遠であることをあなたは知っているのですから。
そして、まず一日一日を生きていくのです。
過去のことは忘れ、先のことも心配せずに、瞬間、瞬間を100パーセント生きるのです。
生命は永遠の存在であり、始めも終わりもないことをただ受けいれなさい。
いつの瞬間もあなたの意識は成長し、広がっています。
永遠なる生命の不思議さと神秘を、あなたは理解しはじめ、生命の創造者であるわたしとひとつであることを悟りはじめているのです。
平和とやすらぎ、静謐のあふれるなかで、一歩一歩前に、そして高い次元へと進み、すべてはわたしの手にあり、何も心配することはないのだ、と気づくのです。
遠い先のことを見ようとし過ぎると、人生は重荷となり、多くの人に恐れや不安がもたらされ、信ずる心、そして信ずる対象さえ失ってしまいます。
自由でよろこびにあふれた、幼い子どものようになりなさい。
そうすれば、人生はいつも大きなよろこびをもたらしてくれる源となることでしょう。
人生を信頼し、それを100パーセント生きるのです。


(アイリーン・キャディ著 “心の扉を開く”より)



今日(7月1日)のケイシーの珠玉のリーディングから


他の人々への祝福の水路になるということ、これこそが、それぞれの魂が物質界の意識活動に入る目的です。

To be a channel of blessing to others is that purpose for which each soul has come into conscious activity in a material world.

(3161-1)




  1. 2012/07/01(日) 10:37:17|
  2. アイリーン 心の扉を開く
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。