スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

誰にもわかるように生きなさい

8月31日  誰にもわかるように生きなさい


顕現の法則を学ぶためには、欠かすことのできない大事なレッスンがあります。
忍耐と持続、それに不屈の精神です。
絶対的な服従を学び、どんなにばかばかしく思えても、わたしの指示を実行しようという気持ちがなくてはなりません。
このような学びがあり、それが実践されてはじめて、最高にすばらしいことがあなたの人生で起こりはじめ、わたしの法則が確かに体現され証明されるところを目の当たりにできるのです。
必ず行動しなければいけないということをいつもおぼえておくことです。
人生は生きなければなりません。
ただ祈っているだけ、何かが起きるのを望んでいるだけではいけないのです。
祈りは必要ですが、それだけでは充分ではありません。
誰の目にもわかるような生き方をすることを学ばねばならないのです。
信ずることについても、ただ語るだけではだめなのです。
信ずる心で生きるというのはどういうことか、あなたの内面にある神なるもの、あなたの主である神、わたしに、その信ずる心と信頼をすべて与えるというのはどういうことなのか、それがまわりの人間にわかるように生きていかなくてはならないのです。



(アイリーン・キャディ著 “心の扉を開く”より)



今日(8月31日)のケイシーの珠玉のリーディングから



天父の祝福は、奉仕する人、一途に奉仕する人の労働の上に注がれる。

The blessings of the Father's rest upon the labors of those who would serve - serve - serve.

(254-18)








もっとも苦しい状況の中にあっても笑う能力がなければなりません。崇高なものを見る能力と共に、滑稽な面を見る能力がなければなりません。

Know that there must be the ability to laugh under the most straining circumstance.
There must be the ability to see the sublime as well as the ridiculous.

(1823-1)








スポンサーサイト
  1. 2012/08/31(金) 10:32:59|
  2. アイリーン 心の扉を開く
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

すべては偶然ではありません

8月30日  すべては偶然ではありません


自分がなぜ今ここにいて、なぜ今していることをしているのだろうと思ったことはありますか?
自分のしていることに疑問を持つことはあるでしょうか。
心の奥深くを見つめ、この問いに正直に答えてみてください。
そして、それでもまだ疑問がとけないなら、静かになる時間をとり、内面からの気づきを求めて、大いなる全体という膨大な仕組みの中で、自分がどこにはまるのか見つけ出しましょう。
あなたが今いる場所にいるのはけっして偶然ではないことはわたしが断言します。
これまでの人生は苦しかったかもしれません。
多くの試練を経験し、自分が試されることもあったでしょう。
あるいは燃えさかる炉の中へと放り込まれたことさえあったかもしれません。
そのすべてには理由があることに確信を持ってください。
それは、かすは燃焼させてしまい、純粋な黄金だけ、つまり内なる「在りて在るもの」という存在だけを残すためたっだのです。
そうすることで、その「在りて在るもの」の中で、またそれを通して、誰もがわたしの神秘と輝きを見られるようにわたしは働くことができるのです。



(アイリーン・キャディ著 “心の扉を開く”より)



今日(8月30日)のケイシーの珠玉のリーディングから



あなたが神について知りうるすべては、自分自身を通して現されなければなりません。神についてあれこれ聞くことは神を知ることにはなりません。それを適用し、日々の生活に実践し、そのものになること、これこそが神を知ることです!

All ye may know of God must be manifested through thyself.
To hear of Him is not to know.
To apply and live and be IS to know!

(2936-2)







あなたが今いるところで、良い働きをしなさい。そうすれば、主が道を開いてくださる!

Fill the place better WHERE YE ARE, and the Lord will open the way!

(602-7)








  1. 2012/08/30(木) 09:46:53|
  2. アイリーン 心の扉を開く
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

わたしはあなたを見守っています

8月29日  わたしはあなたを見守っています


この霊(たましい)の道を歩む人生では、それぞれが自分の役割を果たしていかなければなりません。
自分でやっていこうという気持ちを持つ人たちを助けるためにわたしはここにいますが、最初の一歩を踏み出さなければならないのはあなた自身なのです。
何でもやってもらっていたら、何ひとつ学べません。
子供に何でもしてあげていたら、何も教えることはできないのです。
すべて自分でさせてあげなければなりません。
最初はどんなにゆっくりで不器用に見えても、そばに立って忍耐強く見守ってあげなくてはならないのです。
それと同じように、わたしも忍耐強く、愛をもってあなたのそばに立ち、あなたが自分の役割を果たしながら、間違いを犯していくのを見守っています。
むだなことは何もありません。
あなたはいつも新しい学びを得ながら、霊(たましい)の道を前に進んでいるのです。
一歩一歩はどんなに小さいものに思えても、わたしとひとつになることを実現するという目的に近づいています。
やがて自分の中に分離はなくなり、すべてはひとつであり、あなたはそのただひとつしかない輝かしい生命の一部であると悟る時が来るのです。



(アイリーン・キャディ著 “心の扉を開く”より)



今日(8月29日)のケイシーの珠玉のリーディングから



月経は自然の法則です。しかし妊娠は神の法則です。

This (period) is a law of nature. Conception is a law of God.

(457-11)







あなた自身の内なる神殿にて主があなたに会ってくださる--これ以外のことを求めてはなりません。

Seek not other than that of His meeting thee within thine own temple.

(2029-1)







  1. 2012/08/29(水) 09:40:30|
  2. アイリーン 心の扉を開く
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

先にすべきことを優先しなさい

8月28日  先にすべきことを優先しなさい


先にすべきことをまずすることを学びなさい。
これは本当に大切なことなのです。
そうすることで、はじめてすべては完璧にうまくいくからです。
心の中を調べ、自分は何を優先させているかを見てみなさい。
それは自分ですか?
自分の幸せですか?
仕事や、モノをどれだけ持っているかということですか?
わたしの存在をまったく知らないままで満足して人生を生きていくことができますか?
わたしのことなど必要ないし、わたしの助けなどなくても充分やっていける自信がありますか?
どんな見方をするかはまったくあなたの自由です。
誰もあなたを止める人はいません。
でも、何かおかしくなったときには、その結果も甘んじて受けいれなくてはならないのです。
忘れないでください。
何が正しいかわかっていて、自分自身の道を行くことを選ぶとき、あなたの責任は最も重大です。
知らなかったと訴えることはできないからです。
することがたくさんありすぎるとか、時間がないというような言い訳はけっしてしてはいけません。
先にすべきことを優先すれば、どんなことをするにも時間がある----わたしはそう断言します。


(アイリーン・キャディ著 “心の扉を開く”より)



今日(8月28日)のケイシーの珠玉のリーディングから



自分自身をもっとよく知ることです。自分自身を知り、自分と神との関係を知ることです。

Become acquainted with yourself.
Know yourself and the relationship to the Creative Forces.

(3484-1)






単に善良なだけではだめです。何かに対して善でありなさい--主の御名において。

Then, be not only good.
Be good FOR something, - in His name.

(2564-3)







  1. 2012/08/28(火) 09:51:24|
  2. アイリーン 心の扉を開く
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

わたしを愛しなさい

8月27日  わたしを愛しなさい


すべてに感謝しなさい。
心を大きく開いたままにしておき、自分の感謝の気持ちが、とめどない流れとなってあふれ出すようにするのです。
感謝すべきことは本当にたくさんあります。
感謝の気持ちがあれば、わたしにも、わたしの行なう神秘にも、あなたの目は開かれていることでしょう。
何も見逃すことはなく、まわりで起きるすべてにわたしを見るようになるのです。
自分の人生を貫くパターンがあり、そこにはある計画が隠されていることがわかるでしょう。
何も偶然で起きることはありません。
すべての出会いは正しく、すべての行動は導かれているのです。
このように感じながら生きるには、完璧に信じる心が必要です。
人生にはわたしの導きがあり、わたしが案内しているのだと信ずる心です。
それは、まず第一に、あなたがすべてをわたしにゆだね、わたしがあなたを自由に使えるようにすることを意味しています。
すべてを与えたときに、はじめてすべてをもらうこともできるのだと学ばなくてはなりません。
この生き方をするには、心、理性、魂、そしてすべての力をもってわたしを愛することを学ばなくてはならないのです。
愛がなければ、この方向に進むことも、このような生き方をすることもできないからです。
だから心を開き、とにかく愛しなさい。


(アイリーン・キャディ著 “心の扉を開く”より)



今日(8月27日)のケイシーの珠玉のリーディングから



(問)私はどうすればキリストが教えられたような偉大な愛を培うことができますか?
(答)練習することによってである。

(Q) How can body develop greater love, as Christ taught?
(A) By practising same.

(452-6)






主に全き信頼を置きなさい。そうすれば主があなたに報いてくださいます!

Trust wholly in Him, and He will do thee good!

(1472-6)







  1. 2012/08/27(月) 08:04:09|
  2. アイリーン 心の扉を開く
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

静かに愛を与えつづけなさい

8月26日  静かに愛を与えつづけなさい


あなたにはとても大事な仕事があります。
世界にもっと多くの愛をつくり出すという静かな仕事です。
ちょうどそれは、パン生地のかたまりに酵母を入れると、酵母は何ら騒ぐこともなく、静かにパンをふくらませていくようなものです。
静かではあっても、それがなければパン生地はただの固いかたまりでしかありません。
ですから、まわりにいる人たちを、自分のしていることを、そして自分の置かれている環境を愛しなさい。
そして、敵と思われる人たちも愛するのです。
自分を愛してくれる人を愛するより、愛せないように思える相手を愛することのほうが、はるかに多くの神の恩寵をもたらします。
誰にも愛が必要であることを感じなさい。
そしてその必要を満たすために、あたな自身が愛を流す媒体となるのです。
一人ひとりが、ただ愛するというそのことだけのために愛するのを学んだとしたら、世界にある重苦しさは取り除かれます。
愛は、重苦しさのあるところに軽さを、闇に光をもたらすからです。
愛は一人ひとりから始まります。
自分の心の内面を見つめ、そこにある愛を取り出しなさい。
それを真のよろこびをもって、どんどん与えていくのです。


(アイリーン・キャディ著 “心の扉を開く”より)



今日(8月26
日)のケイシーの珠玉のリーディングから



忍耐と愛と慈悲を、あなたの合い言葉としなさい。そして、それらを日々の生活の中で実践しなさい。

Let patience, love and mercy be thy watchwords. PRACTICE them in thy daily life.

(262-116)






規則的な時間を、主との日々の交わりを、主と共なる日々の歩みと語らいを、放棄してはなりません。

Forsake not thy regular period, thy daily communion, thy daily walk and talk with Him.

(540-18)






  1. 2012/08/26(日) 07:36:54|
  2. アイリーン 心の扉を開く
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

無条件で与えなさい

8月25日  無条件で与えなさい


自分には何も与えるものはないなどと、けっして感じてはなりません。
あなたには与えるものがたくさんありますが、与えるということについてあまり考えないほうがうまくいく、ということがわかるでしょう。
人のことを考え、人のために生き、人に尽くすために自分のことはすべて忘れて、人生から何かを得ようなどと考えもしないようになればなるほど、もっと幸せになれるのです。
片方の手で与えながら、もう一方の手で奪うようなことはやめなさい。
それが何であろうと、与えるときは、何の条件もなしに与え、まったく自由にそれを使ってもらうようにするのです。
与えるときには、たくさん与え、何の見返りも期待することなく与え、心を込めて与え、そして与えたことをきれいさっぱり忘れるのです。
この原理は、どのレベルで与えるときにも当てはまります。
物質的、霊的な何か、形あるものないもの、皆同じです。
与えるときには気前よく与えなさい。
そのせいで何か足りなくなることなどけっして恐れてはいけません。
それを恐れているなら、真の意味で与えているのではないのです。
本当に与えるなら、何の不足も起きるはずはありません。


(アイリーン・キャディ著 “心の扉を開く”より)



今日(8月25日)のケイシーの珠玉のリーディングから



もし彼が神の御手にあり、あなたと息子が生きるべきと知る人生を生きるならば、どのような軍務についても危険はない!

No portion of the service is dangerous if he is put in the hands of God, and the self and the son LIVE that as is known!

(602-7)






ドングリから大きな樫の木が育つのです。キリストは馬屋で生まれた赤児でした。あらゆる偉大な組織、あらゆる大事業は、無限の力に触れた人々の心から始まったのです。

From acorns great oaks grow. The Son of Man was the Babe in the Manger. The beginning of all great institutions, of all great things, begin first in the mind of individuals who are in touch with infinite forces.

(254-31)






  1. 2012/08/25(土) 08:58:02|
  2. アイリーン 心の扉を開く
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自分に直面して下さい

8月24日  自分に直面して下さい


心の中を探してみなさい。
何かまとまりに欠けたり、対立を引き起こしているものが内面にありますか?
成長にブレーキをかけてしまうような誤解、嫉妬、羨望など、悪い方向に向かわせるようなものはあるでしょうか。
自分にきちんと直面し、正直にならなくてはいけません。
わたしの計画が完璧に進んでいくのを止めてしまっている一粒の砂が、はたして自分なのかどうか、あなたにはそれが一点の疑いもなくすぐわかるはずです。
どうも居心地わるく感じたり、言い訳をして自分の行動や思いを正当化している自分がいるなら、心の中の深い部分に何か変えなくてはならないものがあることは間違いありません。
でも、それが何だかわかっても、それを重荷にしてはいけません。
その瞬間、自分のいる場所で、ものの見方や態度をすべて変えはじめるのです。
わたしはいつもここにいます。
いつでもあなたを助けることができます。
わたしを呼びなさい。
そうすれば、あなたの行く手を阻むもの、全体とひとつであることを感じるのを妨げているものに打ち勝つ手伝いをしてあげましょう。


(アイリーン・キャディ著 “心の扉を開く”より)



今日(8月24日)のケイシーの珠玉のリーディングから



願わくば、わたしの心に願うあらゆることがキリストに導かれ、わたしの内に《父》の霊の現れ給うことをますます知ることができますように。

MAY THE DESIRE OF MY HEART BE SUCH THAT I MAY BECOME MORE AND MORE AWARE OF THE SPIRIT OF THE FATHER, THROUGH THE CHRIST, MANIFESTING IN ME.

(262-57)







どのような状況に遭っても、常に正しいことを行う勇気を持ちなさい!

DARE ever to do right in the face of all circumstances!

(294-145)






  1. 2012/08/24(金) 07:52:27|
  2. アイリーン 心の扉を開く
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

生命のリズムに乗りなさい

8月23日  生命のリズムに乗りなさい


霊(たましい)の力はあなたの内に流れ、あなたを通して流れてきます。
この限りない力に自分を開きなさい。
その秘訣とは、わたしとしっかりつながり、すべての永遠の源である無限なるものから力を得ることなのです。
それは、全体の恩恵のためにその力を正しく使う用意ができている人がいつでも引き出せるように、ここにあるのです。
でも心の準備はできていなくてはなりません。
受け取るためには、自分から求めなければならないからです。
準備ができてもいないのに、それを押しつけられることはありません。
わたしにはすべてが可能なのだということを信じていますか?
それを事実として受けいれていますか?
それとも、あなたの人生の完璧な姿を、疑いや恐れがだいなしにするのをまだ許してしまっているのでしょうか。
すべての生命には完璧なリズムがあり、そのリズムに乗っていれば、一生懸命頑張ることもなく、そのリズムとともに自然に流れ、そこによろこびと魂の高揚があるのがわかるはずです。
だからリズムに乗ってはどうですか?
波調を合わせ、生きることを思いきり楽しみましょう。


(アイリーン・キャディ著 “心の扉を開く”より)



今日(8月23日)のケイシーの珠玉のリーディングから



忍耐すること、公正であること、親切であること、辛抱すること、同胞愛を示すこと。これらを実践したなら、将来どんなことが起きるか心配する必要はありません!

Be patient, be just, be kind, be longsuffering, show brotherly love - and then don't worry about what's going to happen!

(2823-3)






肉体が栄養を必要とするように、精神も霊も滋養物を必要とするのだ。

As the physical body needs sustenance, so does the mental body and so does the spiritual body.

(5000-1)







  1. 2012/08/23(木) 09:25:37|
  2. アイリーン 心の扉を開く
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

神はいつも共にあります

8月22日  神はいつも共にあります


あなたがどこにいようと、何をしていようと関係ありません。
わたしはいつもあなたとともにあります。
でも、そのことに気づいていなければ、まるで目の見えない人間のように人生をおくり、まわりにある神秘や美にも気づくことなしに、暗闇の中を手探りで進むことになるのです。
気づいていれば、見える目で見て、聞こえる耳で聞くことができます。
人生のどんなささいなことでも、新たに深い意味を持つようになるのです。
何であろうとも、当たり前のこととして受け流さず、自分の人生で起きることすべてを貫くひとつの計画と目的を見るようになります。
自分に起きることすべてに、よろこびと心の高揚を見出すのです
そのときのあなたは、霊(たましい)の目でものを見ているのです。
人生で大切なことは何かが理解できるようになり、人生はよろこびと幸福に満ちあふれるでしょう。
そして、何も偶然はないということに気づきはじめることでしょう。
すべてにわたしの手が触れているのを見て、心は愛と感謝で一杯になるのです。


(アイリーン・キャディ著 “心の扉を開く”より)



今日(8月22日)のケイシーの珠玉のリーディングから



自分のいるところで努力しなさい。召し出された人々に次の言葉が与えられました。「あなたの立っている場所は聖なる地である」と。あなたの居るところから始めなさい。

Work where you are.
As was given to those who were called, "The ground upon which ye stand is holy". Begin where you are.

(4021-1)






主の中に自分を失いなさい。

LOSE thineself IN Him.

(281-3)







  1. 2012/08/22(水) 10:35:35|
  2. アイリーン 心の扉を開く
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

神なる存在をそばに感じて下さい

8月21日  神なる存在をそばに感じて下さい


人の言ったこと、したことのせいで、心がかき乱された体験は誰にでもあるはずです。
そして、すぐにそれを消化しなかったために、その体験が自分を支配し、ものの見方にまで影響するのを許してしまい、がんじがらめになってどうしようもなくなったこともあるかもしれません。
でもその日のはじめには、気高い意志を持ち、誰に対しても愛を持って接し、あらゆるところに最高の面だけを見ようと決意していたのかもしれないのです。
つぎにこんなことが起きたら、まず何が起きているのかを把握し、直ちに意識のレベルを高めなさい。
わたしの助けを求めるのです。
心をわたしに向けて、わたしを意識し、わたしという神なる存在がそばにあることを意識するようにしなさい。
そしてそれば自分にどれだけ大きな違いをもたらすか見てみるのです。
あまり良くない状況にあるとき、すぐに思考をわたしわたしの神なる愛に向けることができれば、すべてが完全に変わってしまうことでしょう。
このつぎは、このアイデアを思い出すことです。そして、うまくいくか試してごらんなさい。


(アイリーン・キャディ著 “心の扉を開く”より)



今日(8月21日)のケイシーの珠玉のリーディングから



願わくば、わたしの心に願うあらゆることがキリストに導かれ、わたしの内に《父》の霊の現れ給うことをますます知ることができますように。

MAY THE DESIRE OF MY HEART BE SUCH THAT I MAY BECOME MORE AND MORE AWARE OF THE SPIRIT OF THE FATHER, THROUGH THE CHRIST, MANIFESTING IN ME.

(262-57)






自分自身をもっとよく知ることです。自分自身を知り、自分と神との関係を知ることです。

Become acquainted with yourself.
Know yourself and the relationship to the Creative Forces.

(3484-1)






  1. 2012/08/21(火) 09:50:59|
  2. アイリーン 心の扉を開く
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

楽しむ心が、道を拓く!

今晩の“プロフェッショナル 仕事の流儀”の“楽しむ心が、道を拓く”も、すごく良かったなぁ。。。

44歳まで専業主婦だった三浦由紀江さんのお話。
現在は、駅弁販売会社の営業所長として、JR大宮駅構内の売店など9つの店舗で100人を超える部下を統括してご活躍中!!

その彼女の、“プロフェッショナルとは・・・”の答えは。。。
(彼女の画像をクリックすると、動画で見ることができます。)


自分の仕事を楽しむこと、小さなことでも、自分らしくチャレンジし続けること、私はこの2つだと本当に思います。




いいですよねぇ~

本当にこの番組の出演者の方々からは、いつも力をもいただきます!

そして、いつも感動するのは、やはり今の輝かしい地点に到達するまでには、大なり小なりいろいろな困難を乗り越えてきている、ということ。

素晴らしいですね

みんな、“私たちは、素晴らしいんだよ、自分の持てる力を発揮してね!”ということを伝えたいのではないかしら。





さぁ、ちょっぴりでも見習って、楽しくチャレンジしていこうではありませんか!





  1. 2012/08/20(月) 23:50:41|
  2. のりこのつぶやき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自己修練しなさい

8月20日  自己修練しなさい


誰でも自分を律することを学ばなくてはなりませんが、人生の早い時期ほどそれはたやすく学ぶことができます。
修練とは、低次元の自己がやりたがらないようなことを自分にやらせるわけですから、最初はかなり大変な努力がいることもあります。
自分自身に「だめ」と言うことを学ばねばならないのですが、自分に対して毅然とすればするほど、内面のやすらぎは早く訪れるのです。
たまには自分を洗い直し、どこが弱いか、どんな面で自分を甘やかしているかを見てみるのもいいことです。
それは、自分に本当に正直になり、言い訳をしないということなのです。
どういう点が変わるべきだと思うかを書きとめ、目の前にいつも掲げておくのも助けになるかもしれません。
そして、そのための行動を起こすのです。
自分では克服できない弱みがあると思うなら、それを自分ひとりでやりなさいとは言いません。
わたしはいつもあなたを助けられるようにここにいます。
わたしのことを呼んでみてはどうでしょうか。


(アイリーン・キャディ著 “心の扉を開く”より)



今日(8月20日)のケイシーの珠玉のリーディングから



怒りを一度も表したことのない者は気の毒な人である。しかし、自分の中で怒りを抑えられない者はなお悪い。ほとんどの人はそこでしくじる。

Poor indeed is he who does not ever show anger, but worse indeed is he who cannot control it in himself.
And there most fail.

(3645-1)






忍耐と愛と慈悲を、あなたの合い言葉としなさい。そして、それらを日々の生活の中で実践しなさい。

Let patience, love and mercy be thy watchwords. PRACTICE them in thy daily life.

(262-116)






  1. 2012/08/20(月) 09:07:14|
  2. アイリーン 心の扉を開く
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

導きは直接受け取ってください

8月19日  導きは直接受け取ってください


たったいま、この瞬間から、インスピレーションや導きを、誰か他の人間を通してではなく、自分自身で直接受け取るようにしてはどうでしょうか。
あなたは自分の内面にすべての叡智、すべての知識、そしてすべての理解をすでに持っていることに気づいていないのですか?
外に探し求める必要はありませんが、心を静める時間を持ち、内面の奥深く入っていかないかぎり、それは見つからないでしょう。
すべての生命の源であるわたしとの直接のつながりほどすばらしく、価値あるものはありません。
そのための時間を持つこと、そして必要ならば時間をつくらなくてはならないということです。
あらゆる瞬間にわたしを意識し、わたしの神なる存在がいつもそばにあることを意識している状態に到達しなければなりません。
人生すべての面にわたしを招き入れ、わたしとともに歩き、話したいという気持ちになって、酸いも甘いも、すべてをわたしと分かち合ってもいいという気にならなくてはいけないのです。
愛が流れ、わたしとひとつになるとき、あなたは何よりもわたしとすべてを分かち合いたいと思うことでしょう。



(アイリーン・キャディ著 “心の扉を開く”より)



今日(8月19日)のケイシーの珠玉のリーディングから



主は、その御顔を求める者といつも一緒であることを知って、あなた方は大いに喜びなさい。

Be ye joyous in the Lord, knowing that He is ever present with those that seek His face.

(3976-15)







道を見出した者は満ち足り、喜びと平安と幸福を見出す。たとえその道が険しかろうとも。

Those that find the way become content, and find joy, peace, happiness, even though the way be hard.

(352-1)





  1. 2012/08/19(日) 11:35:16|
  2. アイリーン 心の扉を開く
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

美と神秘を思いなさい

8月18日  美と神秘を思いなさい


心配事に心を奪われ、人生の神秘を見逃してはいけません。
そこにある美や神秘に思いをめぐらせなさい。
目を大きく開いて生き、まわりの美を味わうのです。
一日ずつ前に進み、その日を心ゆくまで味わいなさい。
一瞬一瞬が愛と感謝に満ちているようにするのです。
バランスを崩すようなことが出てきたら、すぐにまわりを見まわして、それを調和のとれたものに変える方法を見つけなさい。
それを速やかに実行することです。
悪い方向に向かわせるもの、悪影響をもたらすものは、まるで庭の雑草のようにすぐにはびこり、ほっておくと繊細で美しい植物の息の根を止めてしまうからです。
思考をコントロールし、美、調和、それに愛に満ちたものだけにしなさい。
プラスの方向に向かう思考がしっかり根を張れば、どのような状況でも自動的に最高の面を探すようになります。
そうしてはじめて、リラックスし、執着を捨てて、霊(たましい)のよろこびと自由への道に入っていくことができるのです。



(アイリーン・キャディ著 “心の扉を開く”より)



今日(8月18日)のケイシーの珠玉のリーディングから



時間を作って祈りなさい。ゆっくり休む時間や、勉強する時間、人々と交わる時間、ふさわしい人間関係を持つ時間--これらの時間を作りなさい。

Take time to pray. Take time to rest, to study, to be an associate with individuals, to have the proper associates.

(257-254)






すべての魂は、神の恩みによって、今いる場所に自分を見出すのである。


For each soul finds self in that place which it occupies in the present only by the grace of God.

(3356-1)






  1. 2012/08/18(土) 11:38:04|
  2. アイリーン 心の扉を開く
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

やすらぎの時間を持ちなさい

8月17日  やすらぎの時間を持ちなさい


柔軟性を持ち、適応できるようになりなさい。
同時に、いつも安定した内なる悟りの場所に自分を置いてすべてを行ない、外面的な状況や条件に影響されたり依存したりしないようにするのです。
外面の、目に見える人生や生きざまは、内面の反映であることに気づきなさい。
内面にやすらぎがあれば、外面にもそのやすらぎの波動が伝わります。
心が愛であふれているとき、あなたはその愛を映し出し、その波動はどうしてもまわりすべてに伝わってしまうからです。
内面深くにあるものを隠すことはできません。
外側の状態とは、内面が鏡に映し出された姿にすぎないからです。
やすらぎと静けさのなかに過ごす時間は、けっしてむだにはなりません。
心を静め、内面の奥深くにあるものについて思いめぐらすこと、人生で本当に大切なもの、自分の人生をいまの人生たらしめているもの、霊(たましい)の道について思いを馳せることは誰であろうとも必要なことなのです。
どれだけ多忙であっても関係ありません。
そのようなやすらぎの時間はかけがえのないものであり、あなたの人生の屋台骨そのものなのです。



(アイリーン・キャディ著 “心の扉を開く”より)



今日(8月17日)のケイシーの珠玉のリーディングから



すべての人は自分を土台にして立たなければなりません。

For every soul must stand upon its own self.

(1298-1)






消化吸収と排泄が正常に近い状態で保たれるなら、その寿命はその人が望むだけ延ばすことができる。

If the assimilations and the eliminations would be kept nearer NORMAL in the human family, the days might be extended to whatever period as was so desired.

(311-4)





  1. 2012/08/17(金) 10:12:17|
  2. アイリーン 心の扉を開く
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

責任を恐れてはいけません

8月16日  責任を恐れてはいけません


あなたの態度は本当に重要です。
自分で気づいているよりもはるかに重要なのです。
何かをするとき、正しい態度でできないならば、態度を変えられるようになるまでそれをしてはいけません。
それを本当に楽しみ、全体のスムースな流れのためにそれをする必要があることに気づくのです。
責任を負うことをけっして恐れてはなりません。
その過程で叡智を育み、ひとまわり大きい人間になりなさい。
あなたができる以上のことを与えられることはけっしてないのを知るのです。
ひとつひとつの責任が自分を少しずつ広げてくれる、ということが重要なのです。
責任の目的とは、耐えがたい重荷を背負わせることではなく、あなたが成長するのを助けるためなのです。
与えられた責任に反発せずに、感謝しなさい。
あなたにそれを背負うだけの力があるとわたしが判断しなければ、その責任を与えられることはないのを知りなさい。そしてつねにわたしの助けを求めるのです。
わたしはいつでもあなたを助け、導いていく用意ができています。
わたしを呼びなさい。



(アイリーン・キャディ著 “心の扉を開く”より)



今日(8月16日)のケイシーの珠玉のリーディングから



人がどこまで達成できるかは、目の前の機会をどのように用いるかにかかっている。

That to which the entity attains is governed according to the use of the opportunities presented.

(2283-1)





霊的人生は、喜びを排除するものではありません。なぜなら、人生の目的は喜びであるからです。しかし、破壊的な喜びではなく、建設的な喜びです!

We will come to see what a spiritual life means.
Not the eliminating of pleasures, for the purpose of life IS pleasure, but that which is constructive and not destructive!

(1995-1)





喜び!! 喜び~!!!

今日も素晴らしい一日を




  1. 2012/08/16(木) 09:56:41|
  2. アイリーン 心の扉を開く
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

もっと愛したいと思うだけでいいのです

8月15日  もっと愛したいと思うだけでいいのです


同胞の人間を愛することが難しいと感じたなら、それを自分に強制しようとしてはいけません。
誰も自分に人を愛するようにさせることはできないからです。
でも、あなたがわたしを求め、わたしの助けを求めていけば、わたしはあなたの心に愛の種を植えつけましょう。
あなたはただやさしく静かにその世話をし、それが育っていくのを見つめているだけでいいのです。
特別な努力もいりません。
自然な形ではなく、意図的に誰かを愛そうとするのは、最初から負けがわかっている戦いのようなものです。
類は友を呼ぶのであり、ある人々のほうに惹かれていき、その人たちとのほうがしっくりいくというのはごく自然なことなのです。
そのことを気にすることはありません。
霊(たましい)が成長し、わたしの神なる愛の意味がわかるにつれて、普遍の愛の意味もわかってきます。
とくに努力を傾けることなく、ごく自然にそれが花開いていくのに任せなさい。
もっと愛したいという深い内面の切望だけがあればいいのです。



(アイリーン・キャディ著 “心の扉を開く”より)



今日(8月15日)のケイシーの珠玉のリーディングから



具体的な何かに対して善となり、積極的でありなさい。

Rather be good FOR something, and be ACTIVE.

(674-3)





週に1度、ピーナッツオイルでマッサージする人は、決して関節炎を恐れる必要がありません。

Those who would take a peanut oil rub each week need never fear arthritis.

(1158-31)









  1. 2012/08/15(水) 10:01:41|
  2. アイリーン 心の扉を開く
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

8/18新月の瞑想会、開催時間を変更いたしました♪

今晩は

昨夜咲いた月下美人の花は、今朝は残念ながら、こんな風になってました。。。

咲き終わった月下美人1


咲き終わった月下美人2

(こっちの子の写真はちょっとボケちゃいましたが。)


せっかくあんなに美しかったので、立派に咲き終わった後の姿も撮ってみようかな、と
今回初めて咲き終わった姿もカメラに収めました。

咲き終わっても、何だか眠っているみたいで、まだまだお花の妖精たちが、
楽しく周りにワイワイガヤガヤいるように感じました


さて。。。
すでにお知らせいたしました8/18(土)獅子座の新月の誘導瞑想会ですが、
夜の時間帯から午後の時間帯の開催に変更になりました。

8/18(土) 14:00~15:30 です


獅子座の新月の得意分野は、創造活動、エンターテインメント、ロマンスなど、とのこと。

自分の内面から湧き起こる、自己表現の熱い思いを、ご一緒に宇宙に解き放っていきましょう!!!

自分の創造力を開花させる獅子座の新月

生きる喜びを謳歌しましょうね~

ご参加お待ちしております














  1. 2012/08/14(火) 23:48:02|
  2. のりこのつぶやき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

誰でも独自の才能を持っています

8月14日  誰でも独自の才能を持っています


一人ひとりが独自の才能を全体のために発揮し、貢献することで、生命というジグソーパズルの一片一片が集まり、ひとつの完璧なる全体が形作られます。
あなたの持つ才能とは何でしょう?
隠すのをやめ、それを分かち合ってはどうでしょうか。
どの人の才能もすべてが必要なのです。
たくさんの才能があるとか、ほとんどない、何も与えるものは持っていないとあなたは感じているかもしれません。
でも、ないということはありません。
他の誰も与えることのできない独自のものをあなたは持っています。
そしてそれは必要なものなのです。
それが何かを発見し、与えていくのはあなた自身です。
ひとつの大きな全体を創るには、あらゆる種類のものが必要です。
どんな小さなネジ、歯車、バネだろうと、時計を作るには必要なのです。
すべての臓器、ごく小さな細胞、原子でさえも、ひとつの完成された身体をつくるのに必要なのです。
全体の一部としての自分の姿が見えるようになると、与えたいと思う気持ちを抑えたいとは思わなくなることでしょう。



(アイリーン・キャディ著 “心の扉を開く”より)



今日(8月14日)のケイシーの珠玉のリーディングから



多くの人に大きな喜びを与える人は、いつも受け取る以上のものを与え続ける人です。

One that may give much joy to many peoples, always giving, giving, more than ever receiving.

(569-6)





霊的真理を学んだとしても、それをまったく活かすことがなければ、それは首にかけられた石臼となる!

If one even attempts to study spiritual truths and makes no application of same, they become millstones about the neck!

(2746-2)








  1. 2012/08/14(火) 11:14:17|
  2. アイリーン 心の扉を開く
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

月下美人♪

お盆休みが始まった今日、街はやはり全体的に静かな印象でした~
とても暑かったけど。。。

こののんびりモードいいなぁ。。。




さて、今年も咲きました!
我が家の月下美人。
何て美しいのでしょう!!
今年はとりあえず2つ。

先ほど咲いたばかりの、そしてたった今晩一晩限りのはかない美しさをお届けいたしますね
明日の朝にはしぼんでしまうので、いつもお名残り惜しくて。。。

美しいだけでなく、とても花の香りも素晴らしいのです!
その香りも一緒に届くといいな!

写真はそれぞれ違う子です。


月下美人1



月下美人2


咲いてくれてありがとう!!
美しさをありがとう

毎年、このお花が咲いたのを、この時だけと、じっと見ていると、
とっても不思議な気持ちになり、花の妖精たちの存在を感じずにはいられません
とっても神秘的。

また来年も待ってるよ。

ありがとう



  1. 2012/08/14(火) 00:22:30|
  2. のりこのつぶやき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

悪には抗わず善で克服せよ

8月13日  悪には抗わず善で克服せよ


人のことを考え、人の気持ちを感じることを学び、自分がされたいように人にもすることを学びなさい。
人の人生の中、心の中に入り、そこに愛と思いやりをそそぎ込んで、批判や審判、それに非難などはすべて捨て去ることを学ぶのです。
愛はあらゆる反感や憎しみを美しいものへと変容させてしまう力を持ち、思いやりは、ずっと閉ざされてきて、反応のない冷たいままの心を開くことができるのを悟りなさい。
「悪に抗うのではなく、善で克服せよ」という言葉を、生きるなかで実践するのです。
言うは易く行なうは難しですが、これが行なわれ体現されないかぎり、すべての人類に平和と善意が訪れることはありません。
この言葉は、もうずいぶん昔から話され、書かれ、説かれてきましたが、いまだに実践されていないのです。
戦争、破壊、悪と憎しみが世界に存在するのはまさにこのためです。
人類が、人生についてただ語るだけではなく、実際に生きることを学び、このすばらしい言葉が生命を持って毎日の生活に響きわたるようにすることを学ぶまで、それは存在し続けることでしょう。



(アイリーン・キャディ著 “心の扉を開く”より)



今日(8月13日)のケイシーの珠玉のリーディングから



愛は成長し、愛は耐え忍ぶ。愛は許し、愛は理解する。愛は、他の人にとっては困難なことを機会に変える。

Love grows; love endures; love forgiveth; love understands; love keeps those things rather as opportunities that to others would become hardships.

(939-1)






主は、その愛する者を懲らしめ、清め給う。

Whom the Lord loveth He chasteneth and purgeth every one.

(281-17)







  1. 2012/08/13(月) 10:09:44|
  2. アイリーン 心の扉を開く
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

8/18 獅子座の新月 誘導瞑想☆ ~自分の創造力を開花させる!~

さぁ、新月です!
新しい始まりの、宇宙のパワフルなエネルギーとともに、ご一緒に、
ご自分の心の中に拡がる無限の可能性を秘めた不思議な時空間へと、
旅をしてみませんか?

何かと騒がしくストレスの多い日常から、ちょっぴり気持ちを離し、
ほんのひと時、自分の内に拡がる宇宙での、
何とも言えぬ素晴らしい至福の時を感じてみてください

心も身体も、究極のリラックスした状態へ・・・

そして、新月は、この大宇宙に自分の思いを、願いを放つ最高の時

ポローンポローンと紡がれる、ハープの美しい音の響きと波動の中で、心と身体の深~い安らぎと静寂を感じてください

そして、優しくどこまでも清らかなアイリッハープの音の流れの中で、
本来のあなたのパワーを、本当のあなたの姿を、思い出してください。

更に自分らしく輝くために。。。
もっと自由に! 喜びとともに。。。

自分の中の宇宙へと、さぁ素晴らしい至福の時をご一緒に!


       


獅子座の新月 誘導瞑想



★ 日時: 8月18日(土)19:30~21:00 → 14:00~15:30 時間が変更になりました!

自分の創造力を開花させる!!

★ 場所: サロン・ド・クライス (五反田駅徒歩3分)

★ 参加費:2,000円






お待ちしております








  1. 2012/08/12(日) 11:00:43|
  2. 瞑想会のお知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

人生をそのままの展開にまかせなさい

8月12日  人生をそのままの展開にまかせなさい


緊張していては自分のすべきこともできません。
ひとりになる時間を作り、何か単純なこと、それも自分が楽しめることをやりなさい。
だたそれは、自分で選んだものでなくてはならず、誰か他の人が示唆したものではいけません。
そうすると、あらゆることを違う意識のレベルから見られるようになります。
重荷はなくなり、もっといろいろなことができるのがわかるでしょう。
また、あまり遠い先のことを考えてはいけません。
それだけでもかなりの緊張や苦悩の原因となります。
一歩ずつしか進めないのですから、まずはその一歩を踏み出すことです。
そうすれば、つぎの一歩はきちんと正しい時にやってきます。
人生をそのままの展開に任せ、あまり操ろうしてはいけません。
思い通りに行かなかったからといって、いらいらしたり、短気を起こさないことです。
かわりに、目の前で起きることすべての中にある目的と計画の存在をさがし求め、それを見るのです。
そして、すべてはすばらしい方向に向かっていることに気づくのです。



(アイリーン・キャディ著 “心の扉を開く”より)



今日(8月12日)のケイシーの珠玉のリーディングから



人は、自分の中の我慢ならないものを、他人の中の欠点として見るようになるものです。

For that one cannot endure within itself it finds as a fault in others.

(815-2)







あなたを酷く扱い、さまざまな所であなたの悪口を言いふらす人を、あなたが心と精神をもって許すなら、他人のあら探しをする人々は、ついには彼ら自身のうちに欠点を見出すことになります。なぜなら、彼らは自分自身の魂の記録を綴っているからであり、彼らが人について言いふらすことは、彼ら自身で出遭わなければならなくなるからです。

But if the heart and mind forgive those who despitefully use them, those that speak evil in divers places, those that find fault with others will find fault in themselves; for they are writing their own record - they must meet, every one, that which they have said about another.

(487-17)







  1. 2012/08/12(日) 10:15:55|
  2. アイリーン 心の扉を開く
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日和見はできません

8月11日  日和見はできません


あなたはすべての生命(いのち)と調和していますか?
まわりの人々とひとつと感じ、やすらぎを感じていますか?
それとも、現在の世界にある混沌や混乱に巻き込まれているでしょうか。
あなたの生きざまは、世界の問題への答えとなっているのでしょうか。
今という時代、その中間にいる、というのは不可能なことです。
光のために働いているか、そうではないかのどちらかでしかあり得ません。
その選択はあなたの手にあります。
わたしとともにあるか、対立するかのどちらかなのです。
信ずる心、そして信念は、生ぬるい状態だったり心半分だったりしてはいけません。
全身全霊を込めるか、まったくないかのどちらかのです。
あなたが炎のように燃え、わたしへの愛に燃えていることが必要なのです。
わたしわたしの仕事に自分を完全にささげ、どんな代償であろうとも、わたしの意志を実行する気がなければいけないのです。
わたしはすべてを求めます。
そして、あなたがすべてを与えたときにのみ、すべてを受け取ることができるのです。
そして、そのとき、あなたの目から隠されるものは何もなく、わたしのものはすべてあなたのものでもあるのを知ることでしょう。


(アイリーン・キャディ著 “心の扉を開く”より)



今日(8月11日)のケイシーの珠玉のリーディングから



なぜ心配するのですか。心配は物事を悪くするだけです。心配するより祈りなさい。主は祈りに答えて下さいます。

Why worry?
For worry only makes matters worse.
PRAY, rather than worry.
He answereth prayer.

(760-31)








目的に溢れた人生のために回復しようとする欲求がなければ、どんな治療もその目的を完全に達成することはほとんど望めません。

Without the desire for the recovery for a purposefulness, little may be fully accomplished.

(2456-6)







  1. 2012/08/11(土) 10:32:37|
  2. アイリーン 心の扉を開く
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

すべてをテーブルに出しなさい

8月10日  すべてをテーブルに出しなさい


世界の状況を変えるために自分でも何かしたいと思いますか?
ならば、自分の内面に目を向けなさい。
すべてはまずひとりの個人から始まるということをけっして忘れてはいけません。
意識を、愛、平和、調和へと変えていけば、全世界の意識が変わっていくのです。
でも最初は、必ずしもそれは心地よい体験とはかぎりません。
自分自身の内面で、取り除かねばならない闇の部分が出てきます。
動機もいつも高次元のものとはかぎらず、自分の好き嫌いが思ったよりもずっとはっきりしていることがわかるでしょう。
わたしの目から見ればすべてはひとつです。
だから差別があってはいけません。
なのにどうしても差別をしてしまう自分がいるのがわかるでしょう。
互いへの愛が必ずしも理想の姿ではないことが見えるでしょう。
隠し持ったカードは全部テーブルの上に出しなさい。
そして、自分のそういう面を変えるために何か行動を起こす決意をして、今からそれを始めるのです。
今ほど適切な時はありません。
わたしが助けてあげますから、わたしの助けを求め、一歩一歩進むたびにわたしに案内役をさせて下さい。



(アイリーン・キャディ著 “心の扉を開く”より)



今日(8月10日)のケイシーの珠玉のリーディングから



失望に居すわられてはなりません。その度に立ち上がる者を、主は愛し支えて下さいます。

Be not "sat upon" by disappointments.
It is he who gets up each time that the Lord loves and will sustain.

(3440-2)








あなたのことを貶(けな)したり、意地悪なことを言ったり、策略を巡らしてあなたに悪事を働く者達をも、許しなさい。なぜなら、これらの人々を許さずして、いったいあなたは天の父にどのように許してもらうつもりなのですか。

FORGIVE those that speak lightly or unkindly, or who even in premeditated manner do thee evil.
For if ye forgive not these, how can thy heavenly Father forgive thee?

(792-1)







  1. 2012/08/10(金) 07:29:54|
  2. アイリーン 心の扉を開く
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あなたはどれほど恵まれていることでしょう

8月9日  あなたはどれほど恵まれていることでしょう

すべてに対し、いつも楽観的な見方をしなさい。
暗い見通しや悪い思いはすべて払いのけるのです。
あなたは、たくさんのすばらしい人々や物や、人生での体験に恵まれています。
そういう面に意識を集中し、感謝をささげ、不快なもの、不幸なこと、あるいは困難などにしがみつかないで、意識から手放してしまったらどうでしょうか。
態度や考え方ひとつで、最高のものか、最悪なものを自分のところに引き寄せてくることができるのです。
もし自分の恵まれない境遇を、まわりの環境や運命、あるいは他の人々のせいにしているならば、まず内面を見て、自分の態度を変えるには何ができるかを考えなさい。
そうすれば、少しずつ変化が起きるのがわかるはずです。
そして自分がいかに恵まれているか、人生がどれほどすばらしいかに気づきはじめるでしょう。
生きているということ、いいま自分がいる場にいて、いましていることができるということ、そしてこれだけたくさんのすばらしい人々や物に囲まれているというのは、どんなにすばらしいよろこびであり特権であることでしょう!
たったいま、この瞬間から、そのすばらしさを探しはじめなさい。
それはあなたの目の前にあります。
そんなに遠くまで探す必要はないのです。


(アイリーン・キャディ著 “心の扉を開く”より)



今日(8月9日)のケイシーの珠玉のリーディングから



(問)私はどうすればもっと霊的になれますか?
(答)あなたが知っていることを実践することだ。

(Q) How can I be more spiritual?
(A) Applying that ye know.

(1469-1)







主は汝と共におられるのだから、その他のものはまったく取るに足りないことです。

Know that He is with thee and nothing else counts.

(3053-3)







  1. 2012/08/09(木) 07:24:20|
  2. アイリーン 心の扉を開く
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

わたしの意志を静かに実行してゆきなさい

8月8日   わたしの意志を静かに実行してゆきなさい 

わたしの意志を実行することを学び、わたしの道を歩むとき、内なるやすらぎと調和の意味がわかりはじめることでしょう。
心は愛にあふれ、理解は広がり、以前よりも寛容になるとともに、心が開いて、わたしに続く道はたくさんあるのだということがはっきり見えるようになります。
自分も生きて、しかも人もあるがままに生きるのを認められるようになるのです。
そして、自分の道がただひとつの道だとは考えなくなります。
もはや何に関しても教条的になることはなく、正しいと思うことを、本当に静かに、自信をもって行ない、独自の道を歩んでいけるようになるでしょう。
人変えようとすることもなくなり、自分には欠けているのに、あなたが持っているのはいったいどんな資質なのか、まわりが学びたくなるような生き方ができるようになるのです。
模範となって生きるほうが、ずっと多くを教えられることをけっして忘れてはいけません。
屋根の上に立って、すばらしい言葉をたくさん叫んでいるのに、自分の説法どおりに生きていないよりは、わたしの意志を静かに実行していくほうが、人類に対してずっと大きな影響があるのです。



(アイリーン・キャディ著 “心の扉を開く”より)



今日(8月8日)のケイシーの珠玉のリーディングから



若々しくありたいなら、愛に溢れていなさい。

Keep loving, if ye would keep young.

(3420-1)







あなたは人の様子を眺めて、それをうらやんだり、人の地位や立場を欲しがったりしてはいないか?もしそうなら、あなたは自分で自分を貶(おとし)めていることになる!

Have ye looked upon the circumstances of others and envied them, or coveted their position or their place?
Then, know ye have brought condemnation to thine own self!

(1759-1)






  1. 2012/08/08(水) 10:49:24|
  2. アイリーン 心の扉を開く
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

光の中を歩きなさい

8月7日    光の中を歩きなさい 

光の中を歩きなさい。
そして、真理の光を全身に浴びるのをけっして恐れてはいけません。
隠しごとや恥ずべきことが何もないのなら、自分を無理に抑える必要もなく、真のよろこびとともに自分を表現できる幼い子供のように、あなたは自由なのです。
子供はよろこびに跳ねまわり、そのよろこびはまわりに伝染して、その子が触れる人みんながその洗礼を浴びます。
よろこびは隠したり閉じ込めたりすることはできないものなのです。
それは実にさまざまなかたちで現れてくるものです。
目、言葉、そして表情にも出てきます。
よろこびは人を引きつけます。
よろこびにあふれて幸せな人に皆が感応し、一緒にいるのが楽しいからです。
よろこびは、まるで磁石が鉄を引きつけるように、人の霊(たましい)を引き寄せるのです。
反対に、みじめな気持ちでいたり、悪い方向に向かう考えを持っていれば、人は避けていってしまいます。
自分が正しい場所で正しいことをしているのがわかっているとき、あなたはよろこびと自由の波動を放っています。
すべてはスムースに運び、あるべき姿に落ちつくのです。
そして、最高のものを引き寄せてくることでしょう。
類は類を呼びますから、そうならざるを得ないのです。


(アイリーン・キャディ著 “心の扉を開く”より)



今日(8月7日)のケイシーの珠玉のリーディングから



治療を単なる決められた作業のようなものとして実施しても、ほとんど何も達成されません。治療を何かやり通さなければならないもののように思っているなら、得るものはほとんど何もありません。しかしそこに辛抱と熱意があるなら、そこから発展して行きます。

If the application is just ROTE, little may be accomplished.
If there is the feeling or the desire is that it's just something to be gotten through, little may be had.
But if there is the consistent and persistent application, it will grow.

(1055-2)







それらの治療によって自分が癒されていることを思い描くとよい。

VISION self BEING aided by those applications.

(326-1)






  1. 2012/08/07(火) 09:48:43|
  2. アイリーン 心の扉を開く
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

エネルギーの変わり目!?

友人のMちゃんに数年前に教えてもらった、石井ゆかりさんの星読みのサイト、“筋トレ”。

普通のホロスコープとちょっと違って、彼女のユニークな書き方が面白く、
感覚派の私にはスッと入ってきて、とっても分かりやすいので、
それ以来毎週、読むのが楽しみになってます

その今週(8/6~8/12)の週報、全体の空模様を見ると、みなさま、何だかいい感じですよ~

エネルギーの変わり目みたいです

ちょっと抜粋してみると。。。




今週はまず、水星順行、そして金星の移動がメインイベント!
っていう感じです。
7日に金星が移動し、8日に水星が順行に移ります。

。。。。

7月半ばから逆行していた水星が順行に転じます。
これはかなりさわやかな感じです。
ぱあっと晴れ上がるような感じがしたり
ずっと待たされていたことにゴーサインが出たりするかもしれません。

。。。。

今週は、そういうぐるぐるを抜けだしてですね、
吹っ切れるとか、時間がフレッシュになるとか
気持ちが切り替わるとか、
そんなイメージのタイミングです。

(石井ゆかり“筋トレ”--全体の空模様より抜粋。)


ということで、8/8(水)ぞろ目の夜の瞑想会は、ちょうどそんなエネルギーの変わり目。

これから先に向かって、エネルギーチャージにいらしてください!

宇宙の∞の豊かさを受け取りましょう~






  1. 2012/08/06(月) 13:03:12|
  2. 瞑想会のお知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。