スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

信じる心をもって下さい

6月30日  信じる心をもって下さい

わたしのことに気づき、わたしという神なる存在のことを意識していますか。
心に愛と感謝の歌をうたいながら毎朝目覚めているでしょうか。
何であろうと、その日がもたらすものを受けいれていく心の準備はできていますか。
すばらしい一日となること、そしてそれは、あなたが通る前にわたしが道を用意するからだと知っていますか。
この日には最高のことが起きること、すべては完璧に収まるべきところに収まることを期待してますか。
世界にある美と神秘を見ていますか。
それとも、世界の混乱状態にばかり目を向けて、人間がその原因であることを嘆いているのでしょうか。
信ずる心なしには、この人生を生きていけないことを悟りなさい。
すべてを可能にするのは、この信ずる心です。
あらゆることが可能なのも、信ずる心があるからです。
自分ひとりでは何もできません。
わたしがあなたの中で(そしてあなたを通して)世界に働きかけることができるようにしてください。
そうして、誰もがわたしを知るようになり、愛するようになり、わたしの道を歩みたい、わたしの意志を実行したいと思ってくれるようにしていこうではありませんか。

(アイリーン・キャディ著 “心の扉を開く”より)



今日(6月30日)のケイシーの珠玉のリーディングから


どんな仕事にも発展の機会がたっぷりある!
それが靴磨きであろうと、法を執行することであろうと!
あなたが働いているところで創造的な力を発揮するなら、常に発展があります。

There is plenty of advancement in any work!
whether you are shining shoes or administering law, or what!
There's ALWAYS advancement if that in which ye labor materially is given the creative forces in thy activity with same.

(1688-6)




ただ善良なだけでは駄目です。何かに対して、肉体的にも精神的にも、善を為さなければなりません。

Be not merely good; be good FOR something, physically AND mentally!

(279-1)


スポンサーサイト
  1. 2013/06/30(日) 11:16:19|
  2. アイリーン 心の扉を開く
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

わたしと一緒にやりましょう

6月29日  わたしと一緒にやりましょう

やらなければならないことが山ほどあっても、圧倒されてはいけません。
一度に一歩ずつ歩むことを学び、その一歩によって目標にそれだけ近づいていることを知るのです。
歩ける前に走り出そうとしないこと。
一歩進むのにも大変な努力が必要で、やっとの思いでするような、自分に難しすぎることをしようとしてはならないのです。
それは正しい態度ではありません。
そこにわたしの歓喜と自由が満ちていないではありませんか。
それは、あなたが自分ひとりの力でやろうとしている、ということです。
わたしから離れ、ヴィジョンを見失ってしまったということなのです。
今していることをやめて、まず根本的な態度をあらためなさい。
すべてをわたしの手にゆだね、リラックスして、これまでとは違うまったく新しい見方で自分のしていることを楽しむのです。
見方を変えることは、瞬きする間にもできることです。
ですから、まず変わること。
それもすみやかに変わるのです。
わたしと手を携えて、この一日を一緒に踊り、歌いながらすごそうではありませんか。

(アイリーン・キャディ著 “心の扉を開く”より)



今日(6月29日)のケイシーの珠玉のリーディングから


他人のことで心を騒がせてはなりません。なぜなら、困ったことが起きそうだと思うこと自体が、困った事態に道を開くことになるからです。

Trouble not thy mind or heart as to others.
For the very thought of there becoming turmoil is OPENING the way FOR turmoil.

(816-10)




妊娠は神の賜物です。妊娠は常にそのようなものとして考えられるべきものです。

Conception is a gift of God; it should ever be considered such.

(457-11)


  1. 2013/06/29(土) 11:05:55|
  2. アイリーン 心の扉を開く
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

愛を解き放ちなさい

6月28日  愛を解き放ちなさい

戸棚が一杯であふれんばかりのときに扉を開ければ、中にある物がくずれてきてしまい、それを止めることはできません。
水門が開かれれば、水が強大な力で流れ出し、すべてを流してしまいます。
あなたの内面にある霊(たましい)の力も同じです。
いったんその存在を認め、解き放ってしまうと、その流れを止めることはできないのです。
あふれ出すその力は、否定的なものや、調和のないものをすべて押しのけ、平和と愛、調和と理解をもたらします。
世界にあるさまざまな問題を克服するのは愛です。
人類を一体にするのは愛なのです。
だから、内面にある愛を早く解き放ち、流れるままに任せることができれば、平和で調和のとれた世界、すべての人間が心を開いた世界の実現を、それだけ早く目にすることができるのです。
心に愛があれば、相手が誰であっても、その人のいちばん良い面を引き出すことができます。
愛は最高の面しか見ないので、それだけを引き出してくれるからです。
こわがることはありません。
心を開き、押さえることをせず、すべてが流れ出てくるままに任せなさい。  

(アイリーン・キャディ著 “心の扉を開く”より)



今日(6月28日)のケイシーの珠玉のリーディングから


月経は自然の法則です。しかし妊娠は神の法則です。

This (period) is a law of nature. Conception is a law of God.

(457-11)




主は天国におられるのではない。主は、あなたが主を受け入れさえするなら、あなたの心に天国を造り給う。

He is not in heaven, but makes heaven in thine own heart, if ye accept Him.

(3976-15)





  1. 2013/06/28(金) 10:18:27|
  2. アイリーン 心の扉を開く
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

わが王国はすでにやってきています

6月27日  わが王国はすでにやってきています

恐れることなく前進し、新しいと思える道や、新しい概念、考えを開拓していこうという気持ちを持ちなさい。
古い障壁は打ち壊し、真実の光を見せようという気持ちを持つのです。
「新しいと思える」とわたしが言ったのは、実は何も新しいものなどないからです。
ひとつのサイクルが完了し、元に戻るということです。
わたしとの一体感を再び味わうこと、かつてそうであったように、わたしとともに歩き、語ることをもういちど学び、霊(たましい)と真理の中に生まれ変わることなのです。
自分が成長し、意識が拡大していくのを感じるのです。
古いものが徐々にはがれ落ちていくのを感じ、よろこびと感謝の気持ちとともに新しいものを身につけて下さい。
その新しいものの輝かしきこと、わが道のすばらしきこと!
わたしをしっかりと意識し、わたしの神なる存在を意識して、歓喜するのです。
わが王国は、すでにやってきています。
わたしのやすらぎ、わたしの愛で自分を満たし、包み込みなさい。
深い愛と、感謝し、賛美する気持ちの中で、心のレベルを高めていくのです。
この一日をすごしながら、わたしの意志を実行し、わたしの道を歩み、そしてわたしを讃えながら、完璧なやすらぎを感じなさい。

(アイリーン・キャディ著 “心の扉を開く”より)



今日(6月27日)のケイシーの珠玉のリーディングから


願わくば、わたしの心に願うあらゆることがキリストに導かれ、わたしの内に《父》の霊の現れ給うことをますます知ることができますように。

MAY THE DESIRE OF MY HEART BE SUCH THAT I MAY BECOME MORE AND MORE AWARE OF THE SPIRIT OF THE FATHER, THROUGH THE CHRIST, MANIFESTING IN ME.

(262-57)




人は、明日の1時間、明日の1分ですら生きることができません。そうであるなら、あなたが最善を尽くそうとしており、すべきだと知っている事を行っている限り、他のことを心配してはなりません!

And you do not live but one hour, one minute at the time.
Then if there is that attitude to do the best, or that thou KNOWEST to do, do not be anxious about the other conditions!

(303-15)


  1. 2013/06/27(木) 17:18:57|
  2. アイリーン 心の扉を開く
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

わくわくするような期待感を感じなさい

6月26日  わくわくするような期待感を感じなさい

ひよこが卵の殻を破って出てきたとき、蝶がさなぎから脱皮して姿を現してきたとき、それはもう元に戻ることはできませんが、新しいものへの成長は続いていきます。
この成長の動きを、毎日、あらゆる瞬間に起きるプロセスにするのです。
まわりで起きることすべてに、わくわくするような期待感を感じなさい。
いつも目を開いて意識を集中して生きていれば、つまらない時などあるはずはないのです。
いつも必ず何かが起きています。
すべて起きるままに任せ、その展開を妨げることをせずに、ともに流れていきなさい。
これから起きてくることは、みなすばらしく、全体のためになるのです。
人生の、あの完璧なリズムを見つけ、最高の自分をそこにつぎ込むのです。
流れに逆らわず、乗っていくこと。
そうすることによってのみ、心と精神のやすらぎを見出すことができます。
そして、内なるやすらぎがあるとき、あなたの心は開き、新しい展開に向かう準備ができるのです。

(アイリーン・キャディ著 “心の扉を開く”より)



今日(6月26日)のケイシーの珠玉のリーディングから


明日のことで思い悩んではなりません。他の人が何を為そうと、それを思い悩んではなりません。あなたが釈明しなければならないのは自分の為したことであって、誰か他の人の行為ではないのですから。

Fret not thyself of tomorrow or as to what another doeth; for thou shalt give an accounting of the deeds done in the body, not in someone else's.

(3213-1)




ドングリから大きな樫の木が育つのです。キリストは馬屋で生まれた赤児でした。あらゆる偉大な組織、あらゆる大事業は、無限の力に触れた人々の心から始まったのです。

From acorns great oaks grow. The Son of Man was the Babe in the Manger. The beginning of all great institutions, of all great things, begin first in the mind of individuals who are in touch with infinite forces.

(254-31)


  1. 2013/06/26(水) 10:11:08|
  2. アイリーン 心の扉を開く
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

霊 (たましい) の自由を見つけなさい

6月25日  霊(たましい)の自由を見つけなさい

霊(たましい)の自由を求め、それを見つけなさい。
真の自由があるところ、平和もあるからです。
平和のあるところには、愛があります。
そして、すべての扉の鍵を開けるのは愛なのです。
愛があるところに批判はありません。
審判も非難もありません。
なぜなら、愛があれば、すべてはわたしとひとつであり、わたしの愛の中にひとつであることがわかるからです。
人間が皆ひとつの家族であり、誰もがわたしの似姿として創造されていることがわかります。
外側の殻を越え、ものごとの核心へと向かうようになります。
そこでは、あらゆるものが別々の存在ではなく、完全にひとつになるのです。
誰の中にでも、どんなものにでも、最高の面が見えるようになります。
内面に完璧なるやすらぎがあるとき、他の人を変えようとすることはなくなります。
ただあるがままに在ることを学び、それがすべての生命との一体感を生んで、平和と愛が高らかに君臨するのです。

(アイリーン・キャディ著 “心の扉を開く”より)



今日(6月25日)のケイシーの珠玉のリーディングから


生ける神に仕えた人で、日常の必需品に困窮した人は誰もいない。

Never has he that served the living God WANTED for the necessities of life.

(348-14)




(問)頭の痛みはどうすれば治りますか?
(答)笑うことだ。

(Q) What will relieve the head pains?
(A) Laughing will.

(257-62)


  1. 2013/06/25(火) 11:46:08|
  2. アイリーン 心の扉を開く
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

奉仕は癒しと成長をもたらします

6月24日  奉仕は癒しと成長をもたらします

この日をわたしにささげなさい。
わたしに仕えること、人類に仕えることにささげるのです。
奉仕はすばらしい癒しをもたらします。
自我を忘れて奉仕すると、自分がすばらしいかたちで成長し、意識が広がるのがわかることでしょう。
高みや深みを体験し、生命への愛と思いやりということがあなたにとって意味を持ちはじめます。
可能性をのばし、成長する機会をこの日はたくさん与えてくれるでしょう。
そのひとつひとつの機会を、愛と感謝に満ちた心で受けいれ、意識が広がり、ますます多くの智慧を手にしていく自分を感じなさい。
何の制限も限界もなく、自分のすべてを込めて豊かに生きるのです。
あらゆるもの、あらゆる人から、いつも最高の結果のみが生まれることを当然と思い、それが実現するのを目の当たりにしなさい。
お互いに対して、心を開いておくこと。
互いの中に、最高の善なるものをさがし、その高い意識のレベルでものを考えなさい。
そして、互いをできるかぎり励まし合うのです。
誰でも励ましを必要としています。
まわりのひとを助けていくと、実は同時に自分が成長するのを助けてもいることがわかるでしょう。

(アイリーン・キャディ著 “心の扉を開く”より)



今日(6月24日)のケイシーの珠玉のリーディングから


あなたが私を選んだように、私があなたを選んだことを喜びなさい。私の名において光となることを喜びなさい。

Be joyous in that I have chosen THEE, as THOU hast chosen me and ye may be lights in MY name.

(281-2)





友を得たいのであれば、まず自分がフレンドリーであることを示しなさい。

If thou would have friends, show thyself friendly.

(723-1)


  1. 2013/06/24(月) 13:14:33|
  2. アイリーン 心の扉を開く
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

重荷や心配事はわたしにゆだねなさい

6月23日  重荷や心配事はわたしにゆだねなさい

いまの自分を越えて可能性を試されることなしに、どうして成長が望めるのでしょうか。
あなたの信心の対象、そして安心感の源は何ですか。
どこから力と強さを得ているのでしょうか。
この人生を自分の力で、自分だけを頼りに生き抜こうとしてはいないでしょうか。
もしそうなら、まわりにあるストレスや緊張に耐えることはできないでしょう。
でも、すべてをわたしの手に預け、わたしが導き、案内するよう任せてくれるなら、あなたは何でもできます。
わたしには、すべてが可能だからです。
自分の抱えている荷は重すぎる、とても実行できないような課題を与えられていると感じますか?
いま、この瞬間から始めて、重荷や心配事を全部わたしに手渡し、この激しい流れの中を航海していく作業をわたしに任せてみてはどうでしょうか。
信心と信頼がすべてわたしのもとにあるとき、わたしが舵を取り、あらゆる困難を通り抜けて、静かに凪ぐ水面へとあなたを案内してあげましょう。

(アイリーン・キャディ著 “心の扉を開く”より)



今日(6月23日)のケイシーの珠玉のリーディングから


まず自分自身を見出しなさい。

First find self.

(2647-1)




友を得たいのであれば、まず自分がフレンドリーであることを示しなさい。

If thou would have friends, show thyself friendly.

(723-1)


  1. 2013/06/23(日) 10:02:35|
  2. アイリーン 心の扉を開く
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

変化の流れに乗りなさい

6月22日  変化の流れに乗りなさい

扉を開いてくれる鍵は、変化です。
心と意識の変化です。
安心感の源がわたしであれば、それがどんなに激しいものに見えても、人は変化を恐れないものです。
個人レベルの変化でも、国、あるいは世界で起こる変化であっても、とにかく変化はすべて自分にとって最高なのだ、全体にとっていいことなのだということを知りなさい。
変化は、すべて起きる必要があって起きるということを受けいれ、その流れに乗るのです。
前へ、そして高いレベルへと進みなさい。
そして、これからがもっともっとすばらしくなるのです、とわたしが言うとき、その言葉を真実としてそのまま受けいれて下さい。
あらがうことなく、すみやかに変化の流れへと入っていけば、新しいもののほうが、これまでのものよりもずっとすばらしいのがよくわかるはずです。
わざわざ人生をむずかしくすることはないでしょう?
わたしの手を止めることは誰にもできません。
ボールは転がりはじめているのです。
新しい一日がやってきています。
この日を受けいれ、流れに乗ってこそ、はじめてその一部となることができるのです。
さもないと、取り残されてしまいますよ。

(アイリーン・キャディ著 “心の扉を開く”より)



今日(6月22日)のケイシーの珠玉のリーディングから


まず自分を見出し、神との関係において自分を正しなさい。

First find self and make self right with his God.

(254-12)




あなたは誰にそして何に信頼を置いているか、はっきり自覚しなさい。

Know then in WHOM as well as in what you put your trust.

(1431-1)


  1. 2013/06/22(土) 11:51:01|
  2. アイリーン 心の扉を開く
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日はまっさらです

6月21日  今日はまっさらです

昨日が思い通りにうまく運ばなかったとしても、それはどうでもいいことです。
昨日はもう終わっています。
戻ってはきません。
昨日については、何もできないのです。
でも今日という日はまったく別です。
この日は、まだ何もない、まっさらな状態であなたの前にあるのです。
これを最高の一日にするかどうかはあなた次第です。
一日をいつもどう始めていますか?
これは自分だけの問題であることを忘れないでください。
どういう一日をもたらすかは、自分だけの選択なのです。
心を静める時間をとり、内なるやすらぎと満足で一日を始めるようにしてみなさい。
そして、そのやすらぎが全身に満ち、自分を包み込むのを感じるのです。
心の準備なしに、調和のとれていない状態のまま、急いでその日へと入っていくのはやめましょう。
さもないとその心の状態をその日に持ち込んでしまい、一日中自分が影響を受け、まわりの人たちもそれに影響されてしまいます。
どんな一日にするかを自分で選び、実際にそういう一日にしていくのはあなた自身なのです。
その選択を、今してみてはどうでしょうか。

(アイリーン・キャディ著 “心の扉を開く”より)



今日(6月21日)のケイシーの珠玉のリーディングから


自分がすべきであると知っていることを行いなさい。隣人の欠点を探してはなりません。

Do that thou KNOWEST to do and find not fault with thy neighbor.

(262-98)





理想を持たない者はさ迷う。また、その理想が物質的なところに据えられたなら、それはすぐに疲弊し、衰える。理想は、霊的なことになければならない!

He that is without an ideal is a wanderer; and if the ideal is set in material things it will soon play out and fade. The ideal must be in spiritual things!

(323-1)


  1. 2013/06/21(金) 07:36:25|
  2. アイリーン 心の扉を開く
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

愛をこめて与えなさい

6月20日  愛をこめて与えなさい

与えるときに、それを正しい態度で行なうことが、どれほど大切でしょう!
黙って、確信をもって与えること。
そして何よりも大切なのは、愛とよろこびをもって与えることです。
何であろうと、しぶしぶ与えられたものは、悪い波動を持ってしまいます。
だから、そこから完全なものが生まれるはずはありません。
自分のすることは、たとえなぜしなければならないのかよくわからないことでも、必ず愛を込めて行なうようにしなさい。
どんなに当たり前で平凡な仕事でも、それが愛をもって行なわれると、驚くほどすばらしい結果が得られます。
だから、することすべてに、愛が自由に流れるようにしてください。
自分のしていることは必要であること、小さすぎて意味のない仕事などはないことを悟るのです。
誰もが自分のベストをつくせば、責任の重圧がひと握りの人たちの肩にのしかかることもありません。
全員の負担がどんどん軽くなり、それがもはや負担ではなくなって、真のよろこび、楽しみとなっていきます。
自分の態度をしっかりと見つめて、全体によろこびがあふれ、物事がスムースに運ぶように、あなたの力を貸してください。

(アイリーン・キャディ著 “心の扉を開く”より)



今日(6月20日)のケイシーの珠玉のリーディングから


蒔かれた種は、いつの日か、刈り取らねばなりません。あなたは人々を失望させました。今日、あなた自身の失望を通して、あらゆる美徳の中で最も美しく、そして最も理解され難い忍耐を学びなさい。

THE SEED SOWN MUST ONE DAY BE REAPED.
YE DISAPPOINTED OTHERS.
TODAY FROM THINE OWN DISAPPOINTMENTS YE MAY LEARN PATIENCE, THE MOST BEAUTIFUL OF ALL VIRTUES AND THE LEAST UNDERSTOOD!

(2448-2)




物質的な心にある些細なことで心を乱され、勇気を挫かれてはなりません。物質的なことで、もっと大きなことが見失われることのないようにしなさい。

Let not the little things of the material mind so unnerve, so disturb, that the greater things are overshadowed.

(262-109)


  1. 2013/06/20(木) 17:17:17|
  2. アイリーン 心の扉を開く
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夏至、スーパームーン☆そして潜在意識!?

今晩は~

いつもメールにてお送りしている瞑想会やセミナーなどのご案内を、今日はブログに貼っつけっちゃいますね~

 ↓

いつもありがとうございます。
ヒプノセラピストのりこです


今日も一日お疲れさまでした

遅くにほんとすみませんっ!(>_<)

だんだん毎日蒸し暑くなってきましたが、皆さまお元気でいらっしゃいますか?

先週末6/15&16の2日間は、恩師のスクールでヒプノセラピーのインストラクターとして、潜在意識の仕組みやその素晴らしい魔法のようなパワーを、皆さんとシェア出来ることを心から嬉しく思いながら、本当に楽しい時間を過ごしました!

一人でも多くの方に、この私たちの内にある、潜在意識のすごーい力を知って、もっと有効活用していただきたいです!

自分の中にそんなすごい力があるのに、宝の持ち腐れではもったいない!!

人生は日々、自分が分かったことを実践してみる、体験の場なのではないでしょうか?

さてさて前置き長くなりました(^^;)

いよいよ、あさって6/21(金)は夏至、そして6/23(日)は山羊座の満月で、お月さまが一年のうちでもっとも地球に近づく"スーパームーン"と言われる満月だそうです。

さぁ、この私たちを取り巻く宇宙のエネルギーの高まりの中、自分の中の宇宙を感じませんか?

あなたの中にある、この素晴らしいパワーに、どうぞ気づき、そして仲よくしてください

  


瞑想会

6/20(木)19:30~21:00  "夏至前夜"

6/21(金)10:30~12:00  "夏至"


上記全て、

場所: "サロン・ド・クライス"(五反田)


参加費: 2000円


6/27(木)10:30~11:45  "自己信頼"

場所: "イーハトーウ゛クリニック"

参加費: 2000円

  

新シリーズ♪セミナー!

"マーフィーに学ぶ、潜在意識の無限の力を使いこなす!”


潜在意識の素晴らしいパワーを熟知していた、米国で活動した英国出身の宗教家"ジョセフ・マーフィー”の著書を参考にしながら、潜在意識のしくみ、その理論、実践方法などをご一緒に楽しみながら学んでいきましょう!

"潜在意識で考えること、それがとりもなおさず、その人である"、と彼は最初に述べています。

いや~、実に的を射た深い言葉です。


6月23日(日) 14:00~17:00@"サロン・ド・クライス"(五反田)  

山羊座の満月

受講料: 5000円

ハープでの誘導瞑想の時間もあります

ご一緒に、潜在意識の素晴らしい魔法の力を学び、一人ひとりが自分自身の人生のCreatorとして、責任を持って、日々自由に創造し、そしてその創造を楽しんでいきましょう!

7月の勉強会は14日(日)と27日(土)を予定しております

  

ヒプノセラピーを学んでみたい方、少人数制でお教えいたします。
ヒプノセラピーに興味があり、学んでみたいなぁ~と思われる方、お気軽にお問い合わせください。


  

みなが、自分の望む人生を歩んでいかれたら、とってもステキですね!!(^-^)/

明日もまた良い日でありますように

ステキな夢を

おやすみなさい


いつもありがとうございます(^-^)


のりこ(光のかけら)



  1. 2013/06/20(木) 00:42:38|
  2. 光のかけら
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

人は老いることがありません

6月19日  人は老いることがありません

あなたにとって、年齢とは何ですか?
年をとることがこわいでしょうか。
それとも、あなたはそんなことは気にもかけずに楽しく生き、若さの泉とは、自分自身の意識にあるのだということがよくわかっている人でしょうか。
心を若く、新鮮で目覚めた状態にしておけば、年をとるなどということはありません。
関心を持つことがたくさんあり、人生を100パーセント楽しんでいるなら、いったいどうして老いることなどがあるでしょうか。
人生70年などと考えてしまうと、自分に限界を課してしまいます。
生きることのすばらしさに目覚めることが、長い人生のはじまりになる人もたくさんいるのです。
そういう人たちは、目覚めてからはじめて人生を楽しめるようになります。
老齢などという考えはすべて捨ててしまいなさい。
それは、みんが持っている思考にすぎません。
それが強くなりすぎて、固いナッツのようになり、殻をこわすのが難しくなってしまったのです。
年齢についての思いを、この瞬間から変えてください。

(アイリーン・キャディ著 “心の扉を開く”より)



今日(6月19日)のケイシーの珠玉のリーディングから


(問)私は霊能力の開発を追求すべきですか?
(答)むしろ霊性の開発を追求することだ。

(Q) Should I pursue psychic development?
(A) Pursue rather spiritual development.

(3460-1)




それぞれの人は、絶えず自分自身に出会っています。人がそのことをよく理解しさえすれば、これまで他人のせいにしてきた苦しみも、そのほとんどが自分に原因のあったことがわかるでしょう。そのような経験を通して、あなたは自分自身に出会っているのです!

For each soul, each entity, CONSTANTLY meets self.
And if each soul would but understand, those hardships which are accredited much to others are caused most by self.
KNOW that in those you are meeting THYSELF!

(845-4)



  1. 2013/06/19(水) 09:36:18|
  2. アイリーン 心の扉を開く
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

内面で知ってください

6月18日  内面で知ってください

これから先、たくさんの対立する考え方が出てくるでしょう。
あなたは徹底的に試され、ひとりでやっていかなければならない状況へと放り出されます。
でも、とにかく頼れるものは何でも頼ろうなどという態度ではいけません。
ただ内面に答えを求め、わたしから力を得て、落ち着いて自分の道を行きなさい。
疑いや恐れはすべてあなたのもとを去り、「内面で知っている」ということが、あなたを岩のようにしっかりと安定して立たせてくれることでしょう。
外からどんなにひどい風や嵐が吹き荒れてもまったく影響されなくなります。
あなたには、強く、勇気を持ち、誰も取り去ることのできない、内面からの真理を知っている状態でいてもらわなくてはならないのです。
今世界に起こっている対立や混乱の渦に巻きこまれてはなりません。
内面にやすらぎの場を見つけ、わたしのことを知りなさい。
わたしはあなたの錨であり、憩いの場所です。
わたしの平和と愛を内に満たし、それがあなたをつつみ込むようにしてください。

(アイリーン・キャディ著 “心の扉を開く”より)



今日(6月18日)のケイシーの珠玉のリーディングから


主の道をあなたの道としなさい。あなたの悲しみを主の悲しみとしなさい。あなたの喜びを主の喜びとしなさい。そうすれば主があなたと共に居て下さいます。

So, let His ways be thy ways. Let thy sorrows be His sorrows. Let thy joys be His joys, and HE will abide with thee.

(262-73)




治癒は究極の一者(である神)から来る。この方がすべてを癒し給う。

Know the cure comes from the One, who cures all, see.

(3751-12)



  1. 2013/06/18(火) 08:08:08|
  2. アイリーン 心の扉を開く
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

どの道もわたしに続いています

6月17日  どの道もわたしに続いています

どの道もすべてわたしへと続いていることをいつも覚えていなさい。
なかには、曲がりくねっていたり、険しいものもあります。
とても変わっているように見える道、あるいは必要ないと思える道さえあることでしょう。
でも心配してはいけません。
一人ひとりが、自分なりに道を見つけ、その道を歩めるようにしてあげなさい。
そして、あなたも自分の道を見つけるのです。
その道がどんなに他と違って見えても、それは関係ありません。
最後には同じ目標に到達することを知っていて下さい。
わたしとひとつになることを実現する、という目標です。
まっすぐわたしのところへと続く細い道がありますが、これでは単純すぎる、まっすぐすぎる、わたしのところへ続いているわけがない、と思ってしまう人がたくさんいます。
そういう人たちは、かわりにもっと困難で怪しげな道を選び、自己犠牲と苦痛を体験することで、自分の評価があがると考えてしまうのです。
このような困難な努力はまったく必要ないことですが、人間は自由意思を持っているのですから、どの道を選んでもかまいません。
だから自分なりに生き、人は人なりに生きるままにさせてあげることです。
互いを批判し合うのはやめなさい。

(アイリーン・キャディ著 “心の扉を開く”より)



今日(6月17日)のケイシーの珠玉のリーディングから


あなたが神について知りうるすべては、自分自身を通して現されなければなりません。神についてあれこれ聞くことは神を知ることにはなりません。それを適用し、日々の生活に実践し、そのものになること、これこそが神を知ることです!

All ye may know of God must be manifested through thyself.
To hear of Him is not to know.
To apply and live and be IS to know!

(2936-2)




神を欺くことはできません!人は蒔いたものを刈り取るのです。そして、人は常に自分自身に出会っているのです!

God is not mocked!
For what man soweth, man reapeth; and he constantly meets himself!

(1650-1)


  1. 2013/06/17(月) 12:58:57|
  2. アイリーン 心の扉を開く
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

人生の目標を持ちなさい

6月16日  人生の目標を持ちなさい

志と、人生の目標を必ず持つようにしなさい。
風向きが変わるたびにあちこち流されてしまう、かじのない船のように、ただあてもなく漂っているだけの人生にけっして満足してはなりません。
明確な目標がないと、どこにもいかずに終わってしまいます。
どこに向かっているのか、何をしているかを知らなくてはならないのです。
ただ人生を漂うままにまかせてしまい、何ひとつ建設的なこともできずに終わってしまう人が多すぎます。
内なるやすらぎと確信を見つけ、ストレスや緊張感なしに、自分のものと知っている道を進んで行きなさい。
自分がすべきだと知っていることをやるのです。
それも外からではなく、内面から明かされてたからこそ、そうだとわかっていることを、です。
そして、いつの時も今していることが正しいことを自分の内で知りなさい。
そうすれば、強い力と確信をもって、すべての障害を取り除くことができるでしょう。
わたしがあなたの羅針盤であり、ガイド役であることを知りなさい。
道がどんなに困難に見えようとも、わたしが目標へと導いてあげましょう。

(アイリーン・キャディ著 “心の扉を開く”より)



今日(6月16日)のケイシーの珠玉のリーディングから


創造エネルギーの働きを反映するような態度、姿勢を自分の身をもって示しなさい。そうすれば、必要なものは--それどころか溢れるほど豊かなものをあなたは手にすることでしょう。

Put thine self in that attitude, that position, of reflecting that as is of the Creative Energy, and that necessary - and over an abundance will be in thine hand.

(2842-2)




多くの人に大きな喜びを与える人は、いつも受け取る以上のものを与え続ける人です。

One that may give much joy to many peoples, always giving, giving, more than ever receiving.

(569-6)



  1. 2013/06/16(日) 08:00:56|
  2. アイリーン 心の扉を開く
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

力を正しく使いなさい

6月15日  力を正しく使いなさい

あなたは偉大な力を手にしています。
全体のために、必ずそれを正しく使うようにしてください。
力は、良い方向にも悪い方向にも使うことができます。
どう使うかは、あなた次第です。
最高の結果だけを見たいという気持ちで、それをいい方向に使えば、本当にすばらしいことも起こります。
電気の力を良いかたちで使えば、巨大な機械を動かし、街を明るく照らします。
驚くようなことができるのです。
でも、もし誤った使い方をすると、その結果は最悪です。
霊的な力も同じことですが、こちらのほうが力は大きいのです。
それはいつでも使えますが、正しく使わなければなりません。
そうすれば、良い結果しか生まれません。
そして驚くべきことが、真に完璧な形でつぎつぎと起きていくことでしょう。
この力を適切なかたちで使っていこうという気がある人たちは、この時代に新しい天と地をもたらすために働いているのです。

(アイリーン・キャディ著 “心の扉を開く”より)



今日(6月15日)のケイシーの珠玉のリーディングから


人は、明日の1時間、明日の1分ですら生きることができません。そうであるなら、あなたが最善を尽くそうとしており、すべきだと知っている事を行っている限り、他のことを心配してはなりません!

And you do not live but one hour, one minute at the time.
Then if there is that attitude to do the best, or that thou KNOWEST to do, do not be anxious about the other conditions!

(303-15)





この世の中に、あなたの友人の内に、隣人の内に、美しさを見出しなさい。あなたを悪し様に言う人々の内にすら美しさを見出しなさい。

See the beauty in the earth, in thy friend, in thy neighbor; yea, even in those that would speak evil of thee.

(397-2)



  1. 2013/06/15(土) 07:40:56|
  2. アイリーン 心の扉を開く
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自分の最良のものを見つけなさい

6月14日  自分の最良のものを見つけなさい

自分の足りないところ、欠点や過ちや失敗と思われるものについて、どうして自分を責めるのですか?
人生の否定的な面ばかり見つめていないで、肯定的なものを表現することで、その弱みを強みに、失敗を美徳に変えてしまってはどうでしょうか。
自分の内面に真の美と善なるものを見つけるのです。
そこにあると信頼すれば、求めたときに必ずそれは見つかります。
自分の最良のものを見るのを拒み、悪い面ばかり見つめる道を選ぶなら、それがもたらす結果も甘んじて受けいれなければなりません。
なぜなら、思考にある思いを、あなたは引き寄せてくるからです。
思いは実現します。
だからいちばん最高のものだけのことを考えなさい。
そうすれば、それを引き寄せてきます。
在りて在るもの、神という存在であるわたしが、あなたとともにあり、行くべき方向を示し、導いているとき、自分は何でもできるのだということを知りなさい。
自分の内面にわたしが在ることを受けいれるならば、他に考えようがないではありませんか。

(アイリーン・キャディ著 “心の扉を開く”より)



今日(6月14日)のケイシーの珠玉のリーディングから


あなたが自らの道を求める限り、主を理解することは不可能である。

Know that the Lord doeth all things well.
Keep His law.
For it is not beyond understanding if ye seek not to have thine own way, but can truly in heart, in mind and body, daily say, "Thy will, O God, be done, in me and through me, daily."

(5188-1)




忍耐を失ってはなりません。主を愛し、主の戒めを守る者に対して、主は遅からざることを覚えておきなさい。

Be not impatient, but know that He will not tarry - to those who love Him and keep His biddings.

(262-51)



  1. 2013/06/14(金) 09:35:41|
  2. アイリーン 心の扉を開く
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あなたは祝福されています

6月13日  あなたは祝福されています

正しい態度ですべてを行なうことは、本当に大切です。
否定的な態度を持ち、困難や障害しか見えない状態では、意識を広げ、霊的に成長することはできません。
時間をかけてさがしてみることさえすれば、あらゆる状況に良い面があるのがわかるはずです。
そして、すべての状況には、何か感謝すべきものがあります。
心に愛がないと、自分の置かれた状況のすばらしい面が見えず、まわりの人たちにある善も、このすばらしい人生さえも見えない盲目の状態となってしまうのです。
あなたはどれほど祝福され、恵まれていることでしょう!
でも、あなた自身がこのことに気づき、受けいれる気持ちを持って感謝しないかぎり、目隠しをしたままさまよい、自分の運命を嘆き続けることになるのです。
自分を見つめ直す時間をとりなさい。
そして、もしも自分がまったく身動きできない状態にあると感じたら、その状況を変えるいちばん手っ取り早い方法は、まわりの人に何かを与えはじめることです。
人生はあなた次第です。
あなたは自分の人生をどんなものにしているのでしょうか?

(アイリーン・キャディ著 “心の扉を開く”より)



今日(6月13日)のケイシーの珠玉のリーディングから


自分自身の心の内に、自分自身の家に、美と幸福と喜びと平安を見出せないとしたなら、あなたは他の人々の心の中にそれを見出すことはできない。

For if ye find not beauty, happiness, joy, peace within thine own heart and thine own home, ye may not find it in the minds and hearts of others.

(361-9)




人が経験で得てきたものをどのように活用するかということが、その人を成長させもすれば、退歩させるものにもなるのです。

As to the manner in which an individual uses that it gains through any experience, makes for the development or retardment of an entity.

(276-3)


  1. 2013/06/13(木) 09:29:08|
  2. アイリーン 心の扉を開く
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

美を表現し、その一部になりなさい

6月12日  美を表現し、その一部になりなさい

美は、周囲のあらゆるところにあります。
目を開き、それを見て吸収し、よく鑑賞して、自分でも表現し、その一部となりなさい。
美を見たいと思えば、美が見えるようになるでしょう。
醜悪なものを見たいと思えば、そうなります。
その選択は、いつもあなたのものなのです。
湧き出る美の泉から、たっぷりと飲みなさい。
そうすれば、いやでも自分が美を表現するようになってしまいます。
内にあるものは、外に映し出されるからです。
人は鏡のようなものです。
内面にあるものをどんなに隠そうとしてもできません。
内にあるものは、封じ込めることはできないからです。
いつか必ずそれは外面の世界に現れてきます。
だから、はじめから自由に流れるままにすればいいのです。
けっしてその流れを止めようとしてはなりません。
意識を高めれば、すべてのものに、すべての人に美を見出せるようになります。
そこにわたしの姿が映し出されているのを見るようになるのです。
わたしは美であり、調和であり、完全だからです。
自分の思うこと、語ること、そしてすることすべてに、この美と調和を表現することを学びなさい。

(アイリーン・キャディ著 “心の扉を開く”より)



今日(6月12日)のケイシーの珠玉のリーディングから


あなたの人生によって神が思うがままを現せるようにしなさい。

Let HIM - GOD - have HIS way with THY life.

(276-2)




まず充実した目的で心を浄化することが必要です。

There should be first a purifying of the mind with purposefulness.

(3312-1)


  1. 2013/06/12(水) 10:41:33|
  2. アイリーン 心の扉を開く
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

わたしはいつもここにいます

6月11日  わたしはいつもここにいます

静謐の中でこそ、すべてが明らかになります。
やすらぎを得てわたしに会えるのも、静けさの中のことです。
わたしはいつもここにいます。
心を静め、沈黙の中にわたしの姿を見つけるまで、あなたがこのすばらしい事実に気づかずにいるだけなのです。
気づきさえすれば、いつでもわたしに会えるでしょう。
これは、実践すればするほど自然になり、いずれは呼吸と同じくらい自然にできるようになることです。
わたしに会うのに、大急ぎで自分ひとりになれる場所を見つける必要もありません。
いつの時も、あなたのしていることすべての中にわたしはいるのです。
どんな混沌や混乱があろうと、まわりがどんなに騒がしかろうと関係ありません。
内面にある、あのやすらぎと静けさの場所にさえ行けば、わたしに会うことができます。
わたしに会えれば、あらゆる状況に真実の光が降り注ぐでしょう。
わたしの在るところ、闇は存在せず、問題もないからです。
そこにあるのは、やすらぎだけです。

(アイリーン・キャディ著 “心の扉を開く”より)


今日(6月11日)のケイシーの珠玉のリーディングから


人の欠点を探すのを止めなさい。そうすれば、人もあなたの欠点を探さなくなるでしょう。

Quit finding fault with others and others will quit finding fault with you.

(3544-1)




あなた自身の力は限られています。しかし、創造力たる神の力に限りはありません。

Know that the power of thyself is very limited.
The power of Creative Force is unlimited.

(2981-1)


  1. 2013/06/11(火) 10:19:48|
  2. アイリーン 心の扉を開く
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

わたしの道を歩んで下さい

6月10日  わたしの道を歩んで下さい

いったんこの霊(たましい)の探求の道に一歩を踏み出すと、人生がつまらないとか、毎日が凡庸だとかいうことはもう二度とありません。
人生に動きがつき、じっとしているものが何もなくなるからです。
まわりにも、内面にも、すべてに新しいものが、真の自由で完璧な状態で花開きはじめます。
今までと同じように進んでいくだけであなたは満足できるのですか?
もちろんそうしてもかまいませんが、ならば自分を高揚させてくれるようなことが起きる人生になるのを期待してはいけません。
大きな変化もないでしょう。
わたしの使いとして、新しい天界と新しい地上世界を実現させることもかないません。
自分だけの道を歩むことを選ぶ人々は、その結果をすべて甘んじて受けいれなくてはなりませんが、わたしの意志を実行し、わたしの道を歩む人たちは、新しい時代をもたらす役割を担います。
選択するのに、明日まで待つことはありません。
今、選びなさい。

(アイリーン・キャディ著 “心の扉を開く”より)


今日(6月10日)のケイシーの珠玉のリーディングから


友を得たいのであれば、まず自分がフレンドリーであることを示しなさい。

If thou would have friends, show thyself friendly.

(723-1)




ひとたび目的が一つにまとまったなら、あなたの働きが活路を見出せないなどと不安に思うことはありません。

Fear not that thine work will not find an outlet, once there is union of purpose.

(281-2)


  1. 2013/06/10(月) 22:37:21|
  2. アイリーン 心の扉を開く
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あなたは全体の欠かせない一部です

6月9日  あなたは全体の欠かせない一部です

あなたはわたしの無限なる計画の一部です。
その全体像の中で、あなたが演ずべきひとつの役割があります。
それは小さな役割かもしれません。
でも、全体を完成させるのに欠かせないものなのです。
どんな時でも、自分の役割は取るに足らないとか、必要ないなどとけっして考えてはなりません。
どうしてあなたがそんな判断を下せるのですか?
正しい場所にいてもらい、あなただけの役割を演じてもらうことがわたしには必要なのです。
まだ自分の役割が何かわかっていないなら、それを探し求め、見つけるまで求め続けていくのは、あなた自身なのです。
正しい場所に収まり、全体に対して自分の与えるべきものを与えている自分の姿に気づきなさい。
そして、自分はもう離れたり孤立した存在ではなく、そのすばらしい全体の欠かせない一部であるのを感じるのです。
でも、それを感じられるのはあなただけです。
自分で求め、自分で見つけなければならないのです。
誰もあなたの人生を生きてあげることはできません。
それができるのはあなたしかいないのです

(アイリーン・キャディ著 “心の扉を開く”より)


今日(6月9日)のケイシーの珠玉のリーディングから


一つ一つの活動が、神の栄光と、あなた自身の良心の誉れとなるような生き方をしなさい!

So live, then, that each activity is to the GLORY of God and to the HONOR of thy conscience!

(263-18)



人は、自分の助けた人の腕にすがらない限り、天国に入ることはできない。あなたが誰かを助けたことがないとしたなら、あなたが天国に入る望みははなはだ乏しい。

You'll not be in heaven if you're not leaning on the arm of someone you have helped.
You have little hope of getting there unless you do help someone else.

(3352-1)


  1. 2013/06/09(日) 09:55:29|
  2. アイリーン 心の扉を開く
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日、最高のものだけが訪れます

6月8日  今日、最高のものだけが訪れます

目覚めたとき、最初に思うことは何ですか?
またすばらしい一日が訪れたという純粋なよろこびですか。
それとも、この日がもたらすかもしれないものへの恐れでしょうか。
今日という日のリズムと波長に合わせるのは大変なことですか。
すべてへの賛辞と感謝の歌が心に響きわたる状態で目覚めることはできますか。
それができれば、どれほどの大きな違いをもたらすことでしょう。
まずバラ色の眼鏡をかけてから一日を始めて、その日はずっと、何もかもその眼鏡を通して見ることができれば、どんなに違うことでしょう。
まず最初から正しいほうに進むのです。
明日のことを心配するのはやめなさい。
大切なのは今日という日だけです。
今日という日に何をして、どんな日にするかだけなのです。
この日をすばらしいものにできること、そして実際にそうなること、自分のすることすべては、とてもスムースに運ぶこと、ただそのことを知りなさい。
口にするすべての言葉は愛をもって語られ、思いはすべて高貴なものになり、そして最高のものだけが自分に訪れるーーーそのことを知るのです。

(アイリーン・キャディ著 “心の扉を開く”より)


今日(6月8日)のケイシーの珠玉のリーディングから


神を欺くことはできません。何事であれ、あなたの蒔くものを、あなたは刈り取らなければなりません。

God is not mocked; and whatsoever each of you sows, THAT must ye also reap.

(262-113)




たとえこの世があなたを嘲り笑おうとも、あなたが誰を信じているのかよくわきまえなさい。あなたが主の御手にしっかりつかまっている限り、主はあらゆる経験からあなたを護ることができることを覚えておきなさい。

Though the world may mock, though the world may sneer, thou KNOWEST in WHOM thou hast believed, and know He is able to keep thee against ANY experience if ye will hold fast to His hand.

(262-98)


  1. 2013/06/08(土) 07:32:59|
  2. アイリーン 心の扉を開く
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

心を決めて飛び込みなさい

6月7日  心を決めて飛び込みなさい

なすことすべてに秀でるようにしたらどうでしょうか。
何であっても、うまくなるためには、それをマスターするまで練習を続けなくてはなりません。
なのに、どうしてこの霊的な人生では、ほんのすこしかじっただけで完璧な結果が得られるなどと考えられるのでしょうか?
道楽半分はやめて、心を決めて飛び込みなさい。
人生がうまく行くためには、自分の持つすべてが求められます。
自分のすべてを出しきって、それでどうなるかを見てみたらどうでしょう?
何であろうと、実行してみて、それがどんなふうにはたらくのかを見ないかぎり、自分の一部となって生きてくることはありません。
たったいま、この瞬間から、腰を据えて、この霊的な人生をおくる技を身につけることです。
この試みをしばらく続け、たとえすぐに結果が得られなくても、くじけてはいけません。
とにかく、ただそれを実践していけば、すべてがどんなにすばらしい結果となり、うまくいくかがいずれわかります。
喜んで、自分のすべてをささげる気があるならば、この人生は、本当に輝かしいものとなるのです。

(アイリーン・キャディ著 “心の扉を開く”より)


今日(6月7日)のケイシーの珠玉のリーディングから


すべての魂にとって、物質世界に入る目的は、ナザレのイエスの生涯に実現されているように、父なる神の御心と栄光と目的を最重要なものにすることです。

And it is for that purpose that each soul enters a material manifestation, that it may put the will, the glory, the purpose of the Father-God first and foremost, as exemplified in the life of Jesus of Nazareth.

(2081-1)



善を為すことに倦み疲れるな。それが数年を要するならば、数年をかけよ。

Don't be weary in welldoing.
If it requires years, give years.

(3684-1)


  1. 2013/06/07(金) 11:06:33|
  2. アイリーン 心の扉を開く
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ひらめきと直観からすべてを得なさい

6月6日  ひらめきと直観からすべてを得なさい

あなたの人生で起きることは、すべて自分の意識が引き起こしたことです。
意識を高めれば、自分という人間そのもののレベルを高め、人生観を高めることができて、人間の本来の姿である、よろこびに満ちた輝かしい人生が訪れることでしょう。
このことを耳にしたり、他の人がそういう生き方をするのを目にしたことがあるかもしれません。
でも、それが意識の中に入り、自分のものとして受けいれられないかぎり、何も起きはしません。
頭で考えてすべての答えを知っていると思い込んでいるのに、意識は高められていないような知識人よりも、一見単純で子供っぽいような人のほうが、天の王国を自分の中に受けいれやすいのです。
誰でも高次の意識に到達できます。
でもそれは、内面から達成されるべきものです。
深い内面で知っているという感覚、そして外からの知識や知恵を必要としない、ひらめきと直観から得られるべきものなのです。
すべての人の内にそれはあります。
その存在を認められ、そこから取り出されて、体現されるのを待っているだけなのです。

(アイリーン・キャディ著 “心の扉を開く”より)


今日(6月6日)のケイシーの珠玉のリーディングから


人間の唯一の罪は利己主義である!

The only sin of man is SELFISHNESS!

(987-4)



人々への祝福の水路になることを願い求めていれば、一歩一歩導きが与えられます。自分で正しいと思うこと、正しい関係と思うことを実行していれば、その人は成長する力を日々得ます。

As a soul or entity seeks to become a channel of blessing to its fellow man, there are the guiding steps step by step; and doing that which is known in self to be the correct, the right relationships in any given determination fits the body from day to day for that development.

(423-2)

  1. 2013/06/06(木) 10:36:22|
  2. アイリーン 心の扉を開く
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

すべての扉を開けるのは愛です

6月5日  すべての扉を開けるのは愛です

愛するというのがどういうことか、わかりますか?
心を満たすよろこびと感謝の気持ちがあまりにも大きくて自分の心に収まりきれず、まわりの人すべてにあふれ出していってしまうというのが、どんなことだかわかりますか?
それは輝くような至福感であり、すべての生命とひとつになるという感覚なのです。
愛がそこにあるとき、恐れ、憎しみ、嫉妬、ねたみや強欲などはすべて消え去ります。
愛の存在があるとき、破壊をもたらすような悪い力のいられる場所などないからです。
心が冷たくなって、愛を感じられなくても、けっして絶望せずに、まわりを見わたして愛せるものを何か見つけなさい。
それはほんのささいなものかもしれませんが、その小さな火花が火つけ役となって、あなたの存在全体に愛の炎が燃えさかることもあるのです。
重い扉の錠を開けるのも、小さな小さな鍵ではありませんか。
閉まっている扉すべてを開ける鍵は、愛です。
その使い方を学び、すべての扉が開かれるまでそれを使い続けなさい。
いまこの瞬間にいる場所から、それを始めるのです。
目を開き、心を開き、そこに何か求められているものを見て、こたえるのです。

(アイリーン・キャディ著 “心の扉を開く”より)


今日(6月5日)のケイシーの珠玉のリーディングから


他の人々が希望を見出せるよう、あなたの光を輝かせなさい。

Let thy light then so shine that others may take hope.

(254-101)




わたしの意志ではなく、おお主よ、あなたの御心が、わたしの内に、わたしを通して行われますように。わたしがさまざまな形で接するすべての人に対して、わたしを今日、いま、祝福の水路としてください。

NOT MY WILL BUT THINE, O LORD, BE DONE IN AND THROUGH ME.
LET ME EVER BE A CHANNEL OF BLESSINGS, TODAY, NOW, TO THOSE THAT I CONTACT, IN EVERY WAY.

(262-3)


  1. 2013/06/05(水) 11:07:23|
  2. アイリーン 心の扉を開く
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新しいものに意識を開きなさい

6月4日  新しいものに意識を開きなさい

自分の人生観に、けっして100パーセント満足してはいけません。
何か新しいこと、わくわくするようなことはいつも必ずあります。
まわりで起きているすべてに対して心を開き、感性を高めていて、はじめてそういうものが学べるのです。
本当に新しいものは、すぐ理解できるとはかぎりません。
でも心配しないことです。
まず、とにかく信ずる心でそれを受けいれようとすれば、そこから理解が育まれていくということを知っていなさい。
新しいアイディア、新しいやり方や考え方などが、はたして真理を語っているかどうかわかるのは、心の奥深くで知っていることを通してはじめて可能になることなのです。
何かが正しいという直観が、自分の深いところにあるときは、完璧に理解できなくても、その真理が吸収されるままにまかせることです。
徐々に夜明けの光がさして、その意味に目覚めていくことでしょう。
もうこれからは、今までと同じ古い生き方を続けていくことはできないのです。
何か新しいものへと広がっていこうという気持ちをもってください。

(アイリーン・キャディ著 “心の扉を開く”より)



今日(6月4日)のケイシーの珠玉のリーディングから


主の内うちに希望があり、命がある。このことをよくわきまえなさい。

Rather know that there is hope, life, in HIM.

(295-5)




まず自分自身に忍耐することを学びなさい。そうすれば、人々に対する忍耐もわかるようになるでしょう。

First learn to be patient with self, then ye will know patience with thy fellow man.

(802-2)


  1. 2013/06/04(火) 10:52:27|
  2. アイリーン 心の扉を開く
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自分を越えて生きなさい

6月2日  自分を越えて生きなさい

わたしを信ずる心、そしてわたしへの信頼の気持ちがあり、自分を躊躇させるような疑いや恐れが何もないとき、あなたにはあらゆることができます。
ものごとに対する見方や態度が正しく、自分の力に完璧の自信さえあれば、できないこと、達成不可能なことは人生に何もないのです。
そのときに必要な力、智慧、強さ、知性、それに理解力は、すべて自分の内面にあります。
不可能に思えることを達成させているのは、あなたの内に、そしてあなたを通して働きかけているわたしなのです。
高い目標を持つことをけっして恐れてはなりません。
不可能が可能になることを期待するのを恐れてはいけません。
自分の限界の中だけに生きるのはやめるのです。
自分をはるかに越えて生きなさい。
そうして、わたしと一緒ならすべてが可能になるということを示す機会をくれませんか?
その機会がないのに、わたしがあなたとつながり、あなたの人生を導き、行くべき方向を示せばどれほどのことが可能になるか、いったいどうやって知ることができるというのでしょうか。
しがみつくのをやめて、わたしに任せなさい。
するとどうなるか見てみましょう。

(アイリーン・キャディ著 “心の扉を開く”より)



今日(6月2日)のケイシーの珠玉のリーディングから


家庭をぜひあなたの本業にしなさい。なぜなら、これこそすべての人が地上で為すことのできる最大の仕事であるからです。

Do make the home the career, for this is the greater career any soul may make in the earth.

(5070-1)



たとえ5分でも10分でも良いから、朝か夜の、あるいは朝と夜の両方の決まった時間に、何ものにも邪魔されることなく祈りなさい。そして祈っているように生きなさい。

Set a definite period morning or evening, or both even, though it be five or ten minutes - let nothing interfere, pray.
Then live like you pray.

(5368-1)


  1. 2013/06/02(日) 10:34:02|
  2. アイリーン 心の扉を開く
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

天の王国に気づいて下さい

J U N E

大きな扉を見せられた。蝶番(ちょうつがい)が固く、開けるのが大変な扉だ。すると、数滴の油が蝶番に注がれて、扉がゆっくりと緩み、指一本のほんの小さな力で開けられるようになっていったのだ。そして、こういう言葉を聞いた。
  
愛という油をもっともっと使いなさい。すべてを緩ませるのは愛なのです。愛があれば必ず道は見つかります。心を開き、愛を自由にあふれ出させるのです。



6月1日  天の王国に気づいて下さい

人生に対し、いつも正しい気持ちで望むことを習慣にしてはどうでしょう?
よろこびと期待にあふれ、自分には最高のことしか起こらないのだという絶対の信頼をもって生きるのです。
わたしはあなたに最高のことだけを受け取ってほしいのです。
肩に重荷を背負い、世界中の心配事に打ちひしがれて人生を生きることはしてほしくありません。
わたしがあなたの中で働くためにはあなたには自由でいてもらわなくてはならないのです。
心配屋さんでいるのをやめて、その心配や重荷はわたしに任せてしまいなさい。
そして、天の王国は、自分の内にあることを知るのです。
それは、ただあなたがその存在に気づいてくれるのを待っています。
そのことを知り、信じて、実現しなさい。
天の王国とは、心の状態なのです。
それを探し求め、見つけていくのは、一人ひとりがしていくべきことです。
まず、そうしたいと望んでください。
そして、何ものもその邪魔ができないほど望みを強くしてください。

(アイリーン・キャディ著 “心の扉を開く”より)


今日(6月1日)のケイシーの珠玉のリーディングから


真っ正直に、誇りを持って生きなさい。どんな人に対しても、面と向かって、「私は神に導かれている」と言えるようでありなさい。

Live upright, honorably, so thou canst look every man in the face and tell him thou art guided by thine Creator.

(531-3)



復讐は主に属するものであり、人に属するものではない。

Femember vengeance belongeth to the Lord and not to an individual human.

(4038-1)


  1. 2013/06/01(土) 11:02:49|
  2. アイリーン 心の扉を開く
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。